イ・ビョンホンに浸る日々

ビョンホンssiに想いをめぐらす日々のあれこれを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/11/01 

(完了)「SPOTLIGHT」 

[追記 11/6] Rubeursの動画のリンクを追記しました。
[追記 11/2] 全文UPしました。 
[追記 22:00] 


Thanks BH&Rubeurs and Lucy!
[VOD] Sky Perfec TV - Spotlight part 1  [追記 11/6]
BH&Rubeurs [02:36]
 


 
 昨夜はドキドキしたまま、あまりグッスリ眠れませんでした^^
 90分間丸ごとBHssi、インタビューの内容も映像も贅沢な番組で感激でした♪

 ここから先はネタバレです。



 
 22時丁度に「いつか Rock Ver.」のCMで始まりました♪

 ソウルの遠景から始まり、セブンラックの旗々、黒と白のチェックのシャツにデニムのカジュアルな服装でサングラスをかけたビョンホンssiが白のステーションワゴンに乗り込みます♡

 ナレーションは、スマスマでお馴染みの増田晋さん。
 雰囲気がガラッと変わって、上品なスーツに身を包み一問一答に真剣な顔つきで臨むビョンホンssi。ところどころお得意のジョークを交え、時に少し考え込んだり…。
 90分があっという間でした。

 『ノム』予告編、スカパーCM撮影、ホテルでのカレンダー撮影、など映像も素敵*^^* 中でも、ドライビング風景は左の運転席を右から映しているので、まるで自分が助手席にいるような気分♡


 画面で見ているとつい映像に反応してしまうので、インタビュー内容を文字起こししてみました。
 まだ半分くらいですが、また出来次第追記します。


--------------------------------------------------------

(BHssi:青、ナレーター:黒、映像&BGM:緑)


韓国の人口の四分の一が集まるメガロポリス、ソウル。
この街には、韓国は勿論 日本でも圧倒的人気を誇る国民的俳優 がいる。

(黒と白のチェック柄シャツ&サングラスのBHssiが白のステーシ ョンワゴンの運転席に乗り込む)
イ・ビョンホン。千の表情と千の感性を持つ男。

(『バンジージャンプする』、『わが心のオルガン』)
そのルックスもさることながら、繊細な感情表現と確かな演技力 に定評があり、最近はハリウッドへも進出。
ワールドスターへの仲間入りを果たした。

(『JSA』『甘い人生』)
(BHssiの車が駐車場に到着。車を降りて建物に入る。)

一見クールで近寄り難いイ・ビョンホン。
でもその心は男臭くて温かく時折見せる優しさに男の色気を感じ ずにはいられない。

(楽屋、スーツ)
人気の秘訣は何ですか?

(BH)
人気の秘訣…
みなぎる体力!? (左腕を曲げてブルブル。顔にもチカラが^^ )
もういいですか(笑)


(舞台。椅子に座ったBHssi。スポットライトが点く)
今回、そんなイ・ビョンホンを独占。その魅力の全貌に迫る。

名前 >>> イ・ビョンホン

イ・ビョンホンの全てを一問一答
言葉の連想ゲームで語られるイ・ビョンホンの意外な素顔。

若い頃の自分 >>> 自信家
日本語 >>> 少しだけ(日本語で)
接吻の指輪 >>> オリコン1位
結婚 >>> …いつか(微笑)

(楽屋。鏡で身支度を整える。)
更に誰にも見せたことがないプライベートを大公開。
今宵、イ・ビョンホンの全てが語られる。

(BH)準備はできた。始めよう!
(舞台へ)
スポットライト。俳優イ・ビョンホンの真の姿が照らされる。
タイトルコール

スポットライトに灯りが点きました。
このスポットライトに照らされるのは真実の姿のみ。
イ・ビョンホンさんには全てを語っていただきます。
用意はいいですか?
(BH)
はい(微笑)


これからイ・ビョンホンさんの人生にまつわるキーワードをデビ ュー前、デビュー後、そして現在に至るまでテーマ毎に分けてお 聞きします。
そのキーワードから連想する言葉を一言でお答えください。
これは質問ではありません。
イ・ビョンホンさんの心の中にある言葉を知るための連想ゲーム です。

今のお気持ちは?
(BH)期待。緊張。



それでは始めましょう。SPOTLIGHT。

[テーマ]
-イ・ビョンホンはどんな奴?-


名前 >>> イ・ビョンホン
職業 >>> 俳優
俳優 >>> 僕の生涯の職業
人気 >>> …時には力 時には麻薬
インタビュー >>> 苦手
最新映画 >>> 『いい奴、悪い奴、変な奴』

(『ノム』予告編)
総制作費170億ウォン。中国でおよそ10ヶ月撮影した韓流ウェスタン映画『いい奴、悪い奴、変な奴』。
カンヌ国際映画祭でも高い評価を受け、韓国でも500万人以上の動員を記録。
イ・ビョンホンは目的にためなら手段を選ばない冷血漢を見事に演じた。
監督は韓国のヒットメーカー、キム・ジウン。
二人がタッグを組むのは、イ・ビョンホンの代表作とも言える映画『甘い人生』以来、二度目となる。
イ・ビョンホンの未知なる可能性を感じさせる作品だ。

(舞台) 
[インタビュー]
"イ・ビョンホンはどんな奴"について、お答えいただきました。
更に詳しいお話しを伺いましょう。

イ・ビョンホンさんは今回初めて悪役を演じたそうですが、その理由は何ですか?
(BH)
最初 ソン・ガンホさんが「変な奴」としてキム・ジウン監督から指名されていたので、いい奴と悪い奴の二つの役が僕のもとに届いたんです。
基本的に俳優は悪役を1度は演じてみたいという気持ちがあると思います。
そんな時に悪役を演じてみるのはどうかと、キム監督から誘いがあって悪くはないと思いました。


初めて悪役を演じてみた感想はいかがでしょう。
(BH)
監督さんが非常にユニークだったといいましょうか。
監督さんや僕の意図通り 2、3回本番をして、最後にもう一度だけやってみようといった具合で、監督が言う時もあったし僕からの時もあったし、その時は 最初に設定した感情    ではなく、現場で感じる感情を思いっきり出してみようと。
そうした気持ちで撮影したシーンの中に、実際にOKになったシーンがかなりあったんです。 ですから映画を見ながら僕にこんな表情があったのか、そんな感情があったのかと、感じることができるシーンが多かったですね。


先ほど人気に対する答えを、時には力 時には麻薬、とお答えいただきました。
それは一体どんな意味ですか?
(BH)
…実はファンからの応援や声援を人気だとすれば、それは僕が辛い時、特に心理的 肉体的に辛い時、僕を勇気づけてくれるので人気は力だと表現しました。
ただ それに振り回されたり、僕の仕事にあまりにも影響をきたしたりすると、人気だけを追い求めてはいけないと思うので「麻薬」という表現も使ったのです。


(挨拶をしながらスカパー!CM撮影の現場に入るBHssi。サングラス、白のシャツ、デニム。胸に(Lでない)ドッグタグ。シャツの下に何か着ている?)
そんな俳優の一面とは別な顔を見せてくれるのもイ・ビョンホンの魅力。今回、イ・ビョンホン祭りのCMでもその一面を覗かせた。

(CMメイキング)
「あなただけのイ・ビョンホン」をコンセプトに撮影編。
トランプ編。
秘密編と、三つの顔を見せてくれた。
そのCMはこちら。

(CM3本、スチール撮影風景)
あなたは、どのイ・ビョンホンがお好みですか?



(舞台)
俳優として様々な活躍をされているイ・ビョンホンさん。そのチャレンジ精神はいつから備わったのでしょうか。
デビュー前のイ・ビョンホンさんに、SPOTLIGHT。

[テーマ]
-俳優イ・ビョンホン誕生前夜-


1970年 >>> 意味のある年だが記憶にない年
家族  >>> 母 妹
ふるさと >>> ソウル
勉強 >>> 中の上
思い出の場所 >>> とても多い
デビュー >>> 1991年

[インタビュー]
俳優イ・ビョンホンさんの誕生前夜についてお聞きしました。
幼い頃はどんなお子さんでしたか?
(BH)
とても好奇心が旺盛ないたずらっ子だったと思います。


実はあるルートを通じて幼い頃の写真を入手しました。
どうぞご覧下さい。

(写真が運ばれ、それを見て微笑む)
いかがですか?非常に可愛らしいですが、何歳頃ですか?
(BH)
6歳くらいだと思います。幼稚園の卒園式じゃないかな。


この写記を撮った時の記憶はありますか?
(BH)記憶にありませんね。

この頃のイ・ビョンホンさんは、どんなお子供でしたか?
(BH)
好奇心旺盛で、虫を使ったいたずらをいっぱいしました。
虫で幼稚園の友達を驚かせたり、そういう いたずらっ子でした。
とにかく小さい虫を手にして、周りの人を驚かせていましたが、ある時蜂が刺す事を知らずに手で捕まえたら初めて蜂に刺されて、それから虫が怖くなりました。


今もそうですか?
(BH)
はい、ゴキブリなんか捕まえられないです。(笑)


もう一枚写真を用意しました。見てみましょう。
これも非常に可愛らしいイ・ビョンホンさんですが、これはいくつの時ですか?
(BH)
はっきり覚えてませんが9歳かな。


小学校の時ですね?
(BH)はい。

小学生の時はどんな思い出がありますか?
(BH)
小学校1年の時に妹が生まれました。
この頃 妹は よちよち歩きをしたり、言葉を覚え始めた頃だったと思います。
兄弟がいなかったので、妹が生まれた嬉しさから、非常に乱暴に扱ってしまったというか、投げたり振り回したりレスリングをしたり、そんないたずらをたくさんしました。
そのうち妹が腕をケガしてしまい、しばらく漢方治療を受けました。
そんな乱暴な兄貴でしたね。


その鬨の夢は何ですか?
(BH)
小学校の頃はボンドで張り合わせて作る車や戦車のプラモデルが好きでした。
だから たくさん買って組み立てました。
そういうことが得意だったので、僕は科学者になれると思っていました。


最後の写真を見てみましょう。
この頃は多分、中学・高校くらいじゃないかと思いますが、いくつぐらいですか?
(BH)
中学3年か 高校1年だと思います。
15歳頃だと思います。


丁度、思春期の頃ですね。
この時の一番の重いでは何ですか?
(BH)
読書室に勉強をしに行くと母に嘘をついて、インチョンに海を見に行ったんです。
夜遅く帰ってきたのですが、嘘に気付いていた母が「どこへ行ってきたの?」と聞くので、
「読書室」と答えたら、もの凄く怒られ、棒でお尻をたくさん叩かれました。
両親がそこまで怒ることは今までなかったので驚きました。
一生嘘をつかないのは無理かもしれませんが、あの時 二度と嘘はつかないと心に決めたんです。


(20歳くらいの画像)
そしてイ・ビョンホンが21歳の時、ある意外な出来事が彼の人生を大きく変えることになる。
(BH)
大学1年の時 軍隊に行くので休学し家で休んでいたら、母の友人が俳優オーディションの願書を持ってきたんです。
「あなたは俳優になった方がいいから、試験を必ず受けなさい」と言われました。
映画は好きでしたが、俳優になろうとは一度も思わなかったので、からかわれていると思いました。
「興味がない」といったのですが、最後まで強く勧められました。
若い時 男はいろいろチャレンジすることが大切だと母にも言われました。
あなたが俳優になる事は期待していないので、経験のためにオーディションを受けてみなさいと勧められたんです。
そして 写真学科の友達に写真を撮ってもらいオーディションに送ったら、一次試験、二次、三時と進み、運良く合格してしまったんです。


オーディションに合格したと知らされた時はどんな気分でしたか?
(BH)
オーディションに合格した人達は、200倍の競争率を突破して人達でした。
ほとんどが映画や演劇を勉強している人達で、舞台に立っている人もいました。
彼らにしてみれば世の中のすべてを手にしたという気持ちだったと思います。
僕は知らせを聞いて驚きましたが、特に俳優になりたいわけではなかったので、B.それほど大きな喜びはありませんでした。


21歳で芸能界デビューを果たしたイ・ビョンホン。
母親の友人の勧めで受けたオーディションに、思いもよらず合格。俳優への道を歩き始めることになる。
その年に放送されたデビュー作『アスファルト我が故郷』。
主人公が信頼を寄せる青年役として出演。
彼はこのデビューまでに必死に演技を学んだという。
そして、早くも実力が認められ期待の大型新人として注目を集めた。
その後もテレビドラマで着実にキャリアを重ね、デビューして一年後の92年、KBS演技大賞新人男優賞を受賞。
まさに俳優として華々しい産声をあげた。



見事俳優デビューを果たし新人賞を受賞するなど華々しいスタートを切ったイ・ビョンホンさん。
そしてついに映画デビューも果たします。
しかし映画の世界は、テレビとは違う大変厳しい世界でした。
そして世間の評判とは裏腹に、苦悩と試練が待ち構えていたのです。

それでは行きましょう。
[テーマ]
-映画デビュー-


映画デビュー作 >>> 誰が俺を狂わせるか
新人時代 >>> …新人時代はどれもが思い出
若い頃の自分 >>> 自信家
忘れたい失敗 >>> 失敗はあったが忘れたいほどの記憶はない
映画批評家 >>> いい時もあれば嫌な時もある
興行俳優 >>> JSA

[インタビュー]
先ほど若い時の自分を自信家とお答えになっていましたが、それはどういった理由ですか?
(BH)
幼いころから思ったことはすべて実現する気がしました。
大学入試に失敗して浪人生活をしたこともありますが、落ち込んだことはありませんでした。
むしろ これは人生において、貴重な経験になると思ったんです。
一体どうして そんなに楽観的なのか自分でもわかりませんが、とてつもない自信であふれていました。 何もかも僕はすべてできると。


その気持ちで映画デビューを果たし様々な作品に出演されましたが、興行的には辛かったことがあると聞きました。
実際にはいかがでしたか?
(BH)
テレビデビューをして数年後 映画をはじめて撮影しました。
制作発表の時に記者達の前で、初めて「映画俳優 イ・ビョンホンです」と挨拶をしました。
たくさんの人達に笑われましたが、僕にとっては感動的な瞬間でした。
「映画俳優 イ・ビョンホンです」という挨拶ができたわけですから。


(『誰が俺を狂わせるか』)
念願の映画デビューを果たしたイ・ビョンホン。
その初主演作品『誰が俺を狂わせるのか』では、黒ぶちメガネをかけ 冴えないサラリーマン役を演じた。
小説家を志しながらもうまくいかず、仕事も恋愛も失敗続きの無様な男の生き様は、これまでの爽やかな青年のイメージとは180度違った役どころだった。

(『彼らだけの世界』)その後『彼らだけの世界』では、裏社会に足を踏み入れた青年役として主演。
ナイトクラブで踊るダンサーと二人だけの世界を築き破滅へと向かう愛を育む。

(『地上満歌』)
そして、芸術を愛する三人の若者が繰り広げる青春ラブストーリー『地上満歌』では、ハリウッドスターを夢見るユニークなキャラクタを持つ青年を好演。
映画俳優として順調なスタートを切った。

(デビューの頃の写真)
しかし彼の努力も虚しく、観客動員数は伸びなかったという。
そして興行的には失敗とまで批判されてしまった。
韓国では興行的に立て続けに失敗すると、主演俳優としてキャスティングされないという。
イ・ビョンホンにとって映画俳優の道は前途多難であった。

(BH)
周りの関係者から心配されましたが、僕は興行面で失敗していても非常に幸せな時期だったんです。
興行に失敗したら俳優として誰も相手にしてくれない。
2作以上失敗すると、誰も使ってくれないと言う定説があったのに、僕は幸せだったんです。
好きな映画ができて、それを何万人かわかりませんが、見てくれる人がいるだけで幸せだと思ったんです。
興行成績が悪くても奇跡のように映画のオファーが入り、5作目からは多くの人に愛される作品に巡り合いました。




念願の映画デビューを果たしたものの、興行的に伸び悩んだ時期が続いたというイ・ビョンホンさん。
しかし、そんなイ・ビョンホンさんを危機から救ったある作品に巡り合うことができました。
それは、俳優としてのターニングポイント。

それでは行きましょう。
[テーマ]
-ターニングポイント-


興行成績 >>> …重要だが僕には意味がない
映画賞 >>> 一種のボーナス 光栄なこと
経験 >>> 俳優として生きていくために必要な力
ライバル >>> 弱くなってしまう僕自身
逆境 >>> 考え方によって無くも多くも
ターニングポイン >>> 我が心のオルガン

(『我が心のオルガン』)
これまで興行面で伸び悩んでいたイ・ビョンホンにとってターニングポイントとなった作品は、99年2年ぶりに主演した『我が心のオルガン』。
イ・ビョンホンは山里に赴任した小学校教師スハを好演。
同僚の女性教師に恋心を抱くスハ。そんなスハを一途に思う17歳の小学生ホンヨン。
韓国の伝統的な田舎風景の中で語られる淡い恋物語は、批評家たちから高い評価を得て、初めて興行に成功した。

(『JSA』)
そして2000年。
日本でも話題になったホリキタルサスペンス『JSA』では、南北を分断する共同警戒区域で乱射事件を起こす若い兵士を好演。
韓国で観客動員数500万人という快挙を成し遂げた。

(『バンジージャンプする』)
さらに翌年、異色のラブロマンス『バンジージャンプする』では、かつて愛し合った女性を交通事故で失い心に傷を持つ高校教師を好演。
数年後自分の教え子がかつて愛した女性の生まれ変わりだと気付く。
そして、その切ない思いを告げた名シーン。

彼は、コメディからロマンチック、アクションまでジャンルを問わず幅広く演じる演技派俳優として人気を博し、さらに興行性も兼ね備えたスターとして新たな地位を築き上げた。

[インタビュー]
ターニングポイントについてお答えいただきましたが、イ・ビョンホンさんにとって『我が心のオルガン』は本当にターニングポイントになった作品だと感じますか?
(BH)
今 振り返るとターニングポイントだという意識はありませんでした。
その時から僕の作品の選び方に違いが出てきたと思います。
これまでは演じるキャラクターを中心に考えていましたが、『我が心のオルガン』からは、どれだけ面白いストーリーなのか、そういった部分に重点を置いて映画を選ぶようになってきたと思います。


『我が心のオルガン』で、今だから話せるエピソードがありましたら教えてください。
(BH)
映画の終盤に講堂が家事になり生徒を救うシーンがあります。
特殊効果チームがいて、万が一の事態に備えて避難場所を決めておくのですが、準備が不十分な状態で本当にセットが家事になったのです。
下手をすれば大事に至る危険な状況で本番が始まりました。
僕はどこかでカメラが撮っていると思い火事の中で演技をしていたのですが、カメラマンは火事が大きくなると真っ先に非難したと後で知りました。
今思えば本当に危険な状況でした。


先ほど興行成績について、重要だが僕には意味が無い、そういう微妙なお答えでしたがどういう意味ですか?
(BH)
デビューしてから4作品興行的には成功しませんでした。
それにもかかわらず僕は余裕を持っていたので人から不思議がられました。
映画は多くの人々に観てもらわなければならないのですが、僕は自分の仕事を楽しみ幸福を感じることも重要だと思うのです。
そういう次元で考えると興行成績は重要ですが、それほど重要ではないと思いたいのです。
投資家や映画会社などお金をも儲けなければならない人達からすれば興行成績が一番だと思います。
もちろん僕も興行的に成功すれば幸福ですが、それが全てだと思いません。




[追記 22:00] --------------------------------

LBH DRIVE SEOUL
*ドライブの時は、マネージャーさんのような方がそばで質問されていたようです

(「いつかRock version」がBGM、BHssiが左腕を伸ばしてハンドルを握っている)

(BH)
さぁ それじゃあドライブに行ってみようか


どこに行きますか?
(BH)ん~
ドライブだから あちこち


ここはどのあたりですか?
(BH)
ここは江南(カンナム)という地域で
中でも一番複雑で、たくさんの人が集まるアックジョンドンです


(話しながら、左手はハンドル、右手はジェスチャー)
中学時代から本当に親しい仲間達がいたのですが
高校は別々の学校へ進学し
離れ離れになってしまったのですが
中でも一番親しかった仲間が
このアックジョンドンにある高校に通ったんですよ
僕はケホドンという
ここから少し離れた場所の高校に通ったのですが
週末 土曜日の授業が終わるといつもこっちにきて
彼を学校の門の前で待っていたんです
彼が僕を迎えに来ることもできたんですが
僕が通っていた学校は男子校で


(車が動き出す。左肘は窓にもたれ、右腕を伸ばしてハンドルに)
とても怖い学校として知られていたんですね
生徒達はケンカ好きで 他校生を見過ごせないぐらいでしたから
彼は僕の学校に来ることをためらっていたんです
それで僕が彼が通う学校に行ったわけです

僕がさっき言った仲間の高校が ここです
(と、右手で指差す)
この門の前で待ってたんですが
あっ 校門が変わったな


運転はよくするんですか?
(BH)ええ 仕事がない時は僕が運転しますよ

音楽はかけますか?
(BH)音楽はいつも流してますね

どんな曲ですか?
「いつか」(日本語で)
もしくは「(接吻の)ゆびわ」(”ゆびわ”だけ日本語で)

ただ 誰かが乗っている時は恥ずかしいから
僕が1人で運転する時だけですけど
(運転しながら横を見て話している。(危ないよ~))

図書館でも行ってみようか?

図書館ですか?
よく行ったんですか?
たまに行きましたよ
うどんを食べにだけど


(右手だけでハンドルを切りながら(めっちゃカッコイイ^^))
ここはクッキウォン(国技院)と言って
テコンドーの段を審査する場所です
中には図書館もあるんですよ
中学・高校の時 試験が近付くと
勉強をするため仲間と図書館によく来たんです
でも実際は勉強をするというより
食堂のうどんを食べに来た感じかな




(舞台)
ドラマ・映画と活躍し韓国では、誰もが認めるスターとなったイ・ビョンホンさん
その人気は海を越え、日本でも湧き起こります。
一体イ・ビョンホンさんは、韓流ブームをどのように捉えているのでしょうか。
それでは行きましょう、SPOTLIGHT。

[テーマ]
-韓流ブーム-


撮影現場 >>> 極度の緊張
ドラマ >>> 楽しくて早い
美しき日々 >>> …試練と幸福
オールイン >>> 美しい思い出
忘れられないセリフ >>> オールイン
韓流ブーム >>> 過ぎ去った記憶

(『美しき日々』)
2003年、イ・ビョンホンの名を日本に轟かせたのがドラマ『美しき日々』。
イ・ビョンホンが演じたのはレコード会社の御曹司 ミンチョル。
音楽の才能豊かなミンチョルは父親に似た冷酷な面を持つものの、チェ・ジウが演じるヨンスと出逢い
(「僕の好意は断れないよ」のシーン)
…閉ざしていた心を開き始めていく。
このドラマをきっかけにイ・ビョンホンは日本で多くのファンに支持され、現在でもその人気は衰えることを知らない。

[インタビュー]
『美しき日々』が日本で爆発的な人気でしたが、その反応をどう捕らえていますか?
(BH)
始めは 日本の視聴者が美しき日々を高く評価して下さり、たくさんのファンが生まれたことにとても驚き 嬉しく思いました。
また不思議な感じもありました。
しかし基本的に考えてみると、生きる場所や文化 言葉が違っても、人の生きざまや感じる感情にはさほど違いがないと思いました。


先ほど、韓流ブームを過ぎ去った記憶と言われましたが、それはどういう意味ですか?
(BH)
韓流ブームが絶頂の時、似た質問を頂き その時もこう言いました。
ブームは長くは続かないものですが、韓流が定着すればブームまで行かなくても、僕や韓国 または韓国の俳優たちを広く知らしめるいい機会になると思います。
最近思うのはブームはやはりブームではなかったのかなと思うし、今でも声援してくださる方々に対しては本当に感謝します。
真の愛情ですし心の底から湧き出る声援として受け止めています。




日本での人気を不動のものにしたイ・ビョンホンさん。
そんな日本について、イ・ビョンホンさんはどんな印象を持っているのでしょうか?
少し気になります。
それでは行きましょう、SPOTLIGHT。

[テーマ]
-日本-


日本食 >>> おいしい(日本語で)(笑)
日本語 >>> 少しだけ(日本語で)(笑)
ファン >>> 仲間
東京ドーム >>> 歴史
アリーナツアー >>> 大切な旅の思い
ダンス >>> … … パス!(左手ではらうような仕草(笑))

[インタビュー]
イ・ビョンホンさんは日本語をある程度聞き取ることができるのですか?
(BH)
日本語はたくさん聞いているので、簡単なことは理解しますし、長い話も知っている言葉だけを組み合せて大体理解できます。


日本語は難しいですか?
ん~ 他の言語よりは簡単だと思います。

日本に来たら必ず食べる物はありますか?
必ず食べるものは…うなぎ丼(”うなぎ丼”だけ日本語)

うなぎが好きなんですか?
うなぎは特別好物ではありませんが、日本で初めてうなぎ丼を食べてから好きになりました。

日本で思い出というと東京ドームですか?先ほど歴史とお答えになりましたが。
(BH)
僕の生涯で歴史に残る出来事だと思うので歴史と答えました。

あれは忘れられません。
あの時も生涯 死ぬまで忘れないと言いましたが、やっぱり今でも深い印象を受けた出来事だったと思います。


(LBHin東京ドーム オープニング)
俳優イ・ビョンホンは、その才能を映画やドラマ以外のところでも存分に発揮してきた。
2006年5月 日本のエンターテイメントでは、殿堂とも言える東京ドームで、なんと44000人ものファンが集まったイベントを開催。
韓国の俳優としては異例の快挙を成し遂げた。
(「♪約束」、「あなたにあえて よかった」)

(大阪空港到着)

さらに2007年秋には、大阪・福岡・東京・名古屋を舞台に全国アリーナツアーを開催。
4都市で6万人を動員。
イ・ビョンホンは生まれて初めてというダンスに挑戦。
(アリーナツアー 「♪MASQUARADE」 ピアノソロ 「Love Theme(シネマ・パラダイス)」)
さらに、ピアノ。
(代々木での料理シーン)
料理。
(大阪での「いつか」)
歌など、エンターティナーとして様々な顔を見せてくれた。
(「あなたがスキです」)
それはイ・ビョンホンにとって未知への挑戦であった。
葛藤もあったという。
しかし彼を突き動かしたのは、いつも応援してくれるファンへの感謝の気持ちだった。

(舞台)
東京ドームのあれだけ大規模なファンミーティングは初めてでした。
あれだけ大勢の観客を見たのも初めてでしたので、あまりの緊張… 緊張は基本でしたね。
そして皆さんの声援と愛情。
公の場で涙を見せたことなど一度もなかったのですが、初めて4万人を超えるファンを目の当たりにしたとき、僕は唖然とするだけで、ただ驚くばかりでした。
すべてが終わって舞台から降りたとき、知らないうちに涙が出ていました。
その場面は収録されていましたが、幸い涙は映りませんでした。
あの時の感動は今も記憶に新しいです。
アリーナツアーはまた違う側面で緊張しました。
東京ドームでの経験はもちろんありましたが、皆さんの声援に応え、プレゼントをしたいと思いましたし、本当に身近に感じられるファンの前だからこそできたのだと思います。
皆さんの前で歌ったりダンスをしたり、仲間の前ではできることですが、今も自分が信じられません。
実力もないピアノをたくさんの観客の前で弾いたり、それを可能にした勇気は皆さんを仲間だと思って、仲間が目の前にいるんだとマインドコントロールをしたんです。
できる限り皆さんに応えたい喜んでもらいたいという思いがありました。


仲間の前でもう一度ダンスを披露する気はありますか?
(BH)
(笑)少し練習すれば出来るんじゃないんですかね。
でも ダンスをしたいとは思いません。




[追記 11/2] --------------------------------


演技のみならず様々な形でファンを楽しませてくれたイ・ビョンホンさん。
そんなイ・ビョンホンさんの普段の姿をのぞいてみたいと思います。
それでは、SPOTLIGHT。

[テーマ]
-素顔-


休日 >>> 運動 映画鑑賞 お酒
趣味 >>> 旅行
仲間 >>> … 中学・高校の時
動物 >>> ダリ
車 >>> RAV4(笑)
お酒 >>> red wine

(BGM「接吻の指輪」 「いつか」通常版ジャケット撮影)
誰もが認めるトップスターであるイ・ビョンホンだが、その素顔は気さくで親しみやすい。

(2009年カレンダー撮影)
撮影現場で時折見せる無邪気な素顔。いつも現場の雰囲気を和ませてくれる。
感性の赴くままにふるまうイ・ビョンホンは、まるで少年のような笑顔を見せる。
(FCのGOODSのカレンダー壁掛けタイプの撮影シーン。
モニターチェックをして「こわいよ チャンイみたい」(日本語で))

そして、ファンへのサービスも欠かさない。
(ホテルのスタッフらしき方たちと記念撮影&サイン)
こうした自然な姿が人気の秘訣なのかもしれない。
(厨房で撮影が終わり、赤ワイン(多分撮影用の)を飲んで「おつかれさまでした」(日本語で))

[インタビュー]
休みの日は運動をしてお過ごしですか?
(BH)
休日は色んなことをしますが、主に家で映画を見たり運動もしたり、ほとんど家で過ごします。
休みがまとまって取れると旅行を計画したりします。


もし今 休みがあったら一番何をしたいですか?
(BH)
南の島に行きたいですね。
もともと好きなところですが、なかなか行けないので。
時間がたくさん取れれば南の島に行きたいです。


友達の話しの時、中学・高校と言いましたが、今でも繋がっているのですか?
(BH)
もちろん同じ俳優仲間もいますが、
それでも一番連絡を取り合い 気楽に会える仲間はあの時の仲間です。


その仲間は、イ・ビョンホンさんをどんなヤツだと言っていますか?
(BH)
面白い奴(笑)
非常に面白がってますね。
もちろん他にも面白い奴がいますが、僕が笑わせることが多いです。
皆さんそうだと思いますが、
中学の仲間に会えば雰囲気が中学校時代に、
高校だと高校の雰囲気に…
とても幼稚ですが。


動物の話しでダリと言いましたが、それは何ですか?
(BH)
昔から飼っている犬の名前です。
今も飼っていますが。
家に子犬がたくさんいた事もありました。
20匹くらいいました。
今は4匹しかいませんが、僕に一番愛されている犬はダリです。


車はRAV4と言いましたが、そのCM僕も見ました。
カッコ良かったですね。
(BH)
(笑)ダーツは韓国ではあまりポピュラーではないです。
だから僕のために撮影現場にダーツの選手を呼びました。
投げ方やフォームをしっかり学んで撮影をするためでした。
そこでゲームをすることになり、僕が投げたダーツが3本とも真ん中に当たりました。
ダーツの選手よりも僕がうまかったので選手の方は冷や汗をかいていました。
みんな驚いて拍手をしていましたが、僕が勝ったのはその時だけでした。


お酒は強いほうですか?
(BH)
お酒は好きです。
たくさん飲んだりはしません。
体質的に強くはないので。
ただ飲むことを楽しむ方です。


一番ワインが好きですか?
(BH)はい。



LBH DRIVE SEOUL

(BGM「いつかRock version」)

(BH)
友達のパスタ屋さんに行って ちょっと出て来いといってみようか。
予定にない事だから驚くかもしれない。
あっ 車線を間違えてしまった。
おー 大変だ。

はー うまくいきました。
中2の時からとても仲のいい友人がいて、今でも連絡を取り合う友人なのですが
パスタ屋さんをやっているんです。
たまにですが パスタを食べに行きます。


(お店の前に車を止め、ケイタイで電話をかける)
そして、友人のお店に到着。イ・ビョンホンさん電話をしてみますが気がつかないようです。
そこでマネージャーが呼びに。
(中学時代の同級生 イ・マンギュさん登場)
(友)何だ? なんかの撮影?
(BH)日本から来たんだ。
(友)あ 日本から? こんばんは(日本語で)
(BH)(大笑)こんばんは…こんにちは
(友)こんにちは 
(BH)お店の紹介してくれって
(友)この店は(日本語で)
(BH)韓国語でもいいよ
(友)一番おいしいパスタ みせです。(日本語で一生懸命説明してくれます^^) 
(BH)(大笑)
(友)アニョハセヨ ビョンホンのことよろしくお願いします。
   おねがいします ビョンホンさん(日本語で) 
(BH)もう行くよ 収録があるから。
(友)そうか 電話しろよ。
   さよなら(日本語で言いながら手を振ってくれる)
(BH)(笑)あいつ 日本語うまいな

COME PRIMA ソウル市 江南区 駅三洞
皆さんも韓国に来た時には是非お店に遊びに来てください。
もしかしたら、イ・ビョンホンさんに会えるかもしれません。



(舞台 BGM「接吻の指輪」
僕のすべては君さ~ 他に何にもいらない
自分にとって何が一番大切かを今気づいたよ
僕のすべては君さ~心が叫んでる 君の手を…)

ビョンホンさん、何の曲だかわかりますね?
(BH)
最近 話題の曲じゃないですか?(笑)

10月15日に発売になった初の日本語楽曲CD「いつか」。
その中で、スカパー!イ・ビョンホン祭りのキャンペーンソングとしても使われているバラード曲「接吻の指輪」です。

俳優以外にも多彩な活動をされているイ・ビョンホンさんですが、それでは行きましょう。
音楽に対しての思いに、SPOTLIGHT。

[テーマ]
-音楽-


音楽 >>> 運動 運転
歌 >>> お酒
ピアノ >>> テコンドー
秋元康 >>> クマの姿をしたキツネ(笑)
いつか >>> 友情
接吻の指輪 >>> オリコン1位(笑)

(「接吻の指輪」MV)
今回のイ・ビョンホン祭りではキャンペーンソングとしてもお馴染みの「接吻の指輪」。
今月の15日に発売されて、オリコンデイリーチャートでも1位を獲得。

(「いつか」レコーディング風景)
そして同じCDに収録されている「いつか(Rock バージョン)」。
去年アリーナツアーで披露されたバラード曲は、車のCMがきっかけとなりRockバージョンにリメイクされた。

9月にはソウルで「いつか(Rock バージョン)」と今回のキャンペーンソング「接吻の指輪」のミュージックビデオの撮影も行われた。
監督・スタッフ・ミュージシャンは全て韓国人で、ここでも俳優としての拘りを存分に発揮。
撮影時間は深夜まで、実に16時間に及んだ。
特にお気に入りのカットはこちら。
(「歩いてきた 生きてゆく力は愛さ」(白シャツ スタンディングの最後のサビのところ))
このシーンは気持ちよく唄えたそうです。

このミュージックビデオはCDの特典映像として入っております。

[インタビュー]
今回のCDが日本でオリコン1位となったそうですが、おめでとうございます。
(カムサハムニダと言いながら頭を下げる)
感想はいかがですか?
(BH)
歌手でもないのに 感想を言うのも恥ずかしいですが。
同じ日にCDを出された歌手には本当に申し訳ありませんでした。
オリコン1位が目的ではありませんでした。
単にファンとの思い出をCDにしようという意見や要望があり、僕自身も思い出を残したく、そんな気持ちや意図で発表したCDです。
トヨタのCMソングとして「いつか」をアレンジすることも決まり、一番いい時期だとも思いました。
ここまで大きな成果と声援は期待していなかったのでとても驚きました。
理由は他でもなくファンの力が今回の結果を作り出したのだと思います。
僕の歌が1位になったというよりは、ファンが1位になったのだと思います。


「いつか」も「接吻の指輪」も秋元康さんの作詞と聞きました。
その秋元さんを”クマの格好をしたキツネ”とお答えになりましたが、どういう意味ですか?
(BH)
ん 韓国と日本では、言葉の意味が異なるかもしれませんが、決して悪い意味ではありません。
韓国で男性をクマに例える時は頼りがいがあり心温かく口数が少ない人を言います。
キツネは非常に頭の回転が速い人を表現するときに使う言葉です。




俳優・踊り・歌、どの分野にも妥協を許さず完璧を目指し、こだわりを見せるイ・ビョンホンさん。
それでは行きましょう。
そんなイ・ビョンホンさんの哲学と美学について、SPOTLIGHT。

[テーマ]
-哲学と美学-


仕事 >>> 楽しまなければいけない思うがそれは難しい
結婚 >>> いつか(日本語で)(微笑)
運命 >>> あるのではないかと思う
俳優 >>> 僕がする 生涯する僕の仕事
哲学 >>> 僕が偽者だと感じるなら観客も偽物だと感じる
美学 >>> 真実が込められたすべての表情や表現はそれがなんであれ美しい

(『純愛中毒』レースシーン)
俳優イ・ビョンホンの役作りに妥協はない。
映画『純愛中毒』では、イ・ビョンホンは勇猛果敢なカーレーサー役を演じている。
この映画では事前にサーキットに赴き講習を受けライセンスを取得したという。
イ・ビョンホンは徹底的にリアリティを追求する。

(『純愛中毒』メイキング)
例えばカメラを使う簡単なシーンでも、事前にプロのカメラマンから動作を学びリアリティを追求する。

(『甘い人生』 『夏物語』)
こうした妥協を許さない姿勢が、千の表情と千の感性を持つ演技者、と評されるのだ。
イ・ビョンホンのキラースマイルの奥には秘められた俳優哲学と美学があった。

[インタビュー]
仕事は楽しまなければならないと言われましたが、それを感じたのはいつですか?
(BH)
いつからかわかりません。
数年前からです。
仕事の時も 家にいる時も、頭の中はすべて仕事のことです。
仕事の時も休みの時も仕事を考えるなら、それを幸せだと感じなければと思いました。
仕事の時が幸せだとしたら、人生の全てが幸せになるのではないか。
僕の人生すべてが仕事と関係あるからです。
仕事を通して幸福を感じ楽しめるなら素晴らしい人生になると思いました。
しかし いざ仕事をすると、楽しんでいないと感じる時があるんです。
自分が欲張りだからでしょう。
欲を少し減らし仕事に臨めればと思います。


結婚についていつかと言われましたが、一体どのようにお考えですか?
(BH)
かなり前から「そろそろ結婚しないのか」と言われてきましたが、時間が経つにつれ人の意志だけではできないと感じます。
結婚を後ろ向きに考えていた先輩から、ある日突然 招待状が届くわけです。
自分の知らないうちに運命的な恋に落ちて結婚をする事になり、恥ずかしそうな顔を浮かべながら「結婚することになった」と。
そういう時に結婚は運命なんだと思いますね。




韓国をはじめ日本、カンヌ、そしてアジアを飛び出しついにはハリウッドへの進出を果たしたイ・ビョンホンさん。
一体これから何処へ向かおうとしているのでしょうか。
それでは行きましょう、SPOTLIGHT。

[テーマ]
-世界-


カンヌ >>> レッドカーペット
レッドカーペット >>> 光栄
海外作品 >>> 素晴らしい経験 素晴らしい仲間達
世界共通のもの >>> 人間としての幸福
ハリウッド >>> もう一つの場所というだけ
ワールドスター >>> まだわかりません

(『甘い人生』)
イ・ビョンホンが自身の代表作と語るのはこちらの作品、「甘い人生」
ホテルの総支配人を勤めながら、裏社会に通じるボスに従順に従ってきたソヌ。
ある日ボスの愛人ヒスの監視を頼まれるが、いつの間にか彼女に惹かれ男がいることを見逃してしまう。
果たして彼の運命は…

華麗なアクション・シーン。
初めて女性に惹かれた男の姿。
裏切りを目の当たりにした感情表現。
そして復習に向かう一人の人間の生き様。

全てのシーンをリアルにそして完璧に仕上げた彼の演技力は、国内のみならずカンヌ国際映画祭でも賞賛され世界的にもその名を轟かせた。

[インタビュー]
カンヌには2回も行かれたそうですが?
(BH)
「甘い人生」と「いい奴 悪い奴 変な奴」でカンヌに2度行きましたが、この2本の映画はかなり苦労した作品でした。
でも不思議なことにカンヌのレッドカーペットに立った瞬間、すべてを許せ苦労も忘れられる不思議な力を持っている場所なんです。


特に「甘い人生」はカンヌを通じて世界的にも非常に高く評価されイ・ビョンホンさんの代表作と言われていますが、ご自身はどう感じていらっしゃいますか?
(BH)
僕も本当に好きな作品です。
「甘い人生」でカンヌに行った時に、初めて米国のエージェントに会い正式に契約もしました。
そういう意味でも思い出深い作品だと思います。


「G.I. Joe」で本格的にハリウッドへ進出し、イ・ビョンホンさんの新しい挑戦、新しいスタートという感じがしますがいかがですか?
(BH)
実は「G I. ジョー」は長い間悩んでで決めた作品です。
米国を中心に世界中で長い間人気を集めているコミックスなので、米国では映画化することがとても大きな話題になった作品です。
総制作費は2009年度映画の中でも最大です。
ただ主観的に言えば、好きな映画 興味がない映画がありますが、そういう意味で言えば「GI.ジョー」は好きなジャンルではありませんでした。
でも監督やプロデューサーに会うと非常に人として好感を持てる人でしたし、また韓国で僕がアドバイスを求める知人がいるのですが「いい機会じゃないか チャンスだよ」とほとんどの人が言ってくれたんです。
僕もそう思いましたし、いつかハリウッドで自分の好きな映画に出会うために、この作品が本当にいいチャンスになると重い出演を決めました。


海外作品では、どんな経験をしどんな仲間との出会いがありましたか?
(BH)
他国籍映画で初めて取り組んだ海外作品は、トラン・アン・ユン監督の「I come with the rain」でした。
主なロケ地は香港でした。ジョシュ・ハートネットや木村拓哉、ショーン・ユーという香港の若い俳優と撮影し、俳優だけでなくスタッフも多国籍で構成されていました。
それで気になって国籍を数えてみたら11カ国の人々が参加していたんです。
意思疎通のために英語を使いましたが、同じ国の人は自国語を使っていました。
韓国人は僕一人で喋る相手がいませんでしたが。
いい経験だったと思います。
とても奇妙な場所に来ている感じもあり、海外の仲間もたくさんできて面白かったです。




長い時間イ・ビョンホンさんの人生にまつわるエピソードを聞いてきました。
これまでの感想は?
(BH)
取調べ受けてるみたい(笑)


それではいよいよこれが最後の一問一答です。
最後は俳優ではなく一人の人間としてイ・ビョンホンさんに、SPOTLIGHT。

[テーマ]
-イ・ビョンホン-


20年前 >>> 自動車運転免許試験に9回落ちて10回目に合格して非常に喜んでいた(笑)
10年前 >>> 自信 しかし暗黒
現在 >>> 取調べ中
10年後 >>> いい俳優
20年後 >>> 「いつか」と共にディナーショーを準備(笑)
イ・ビョンホン >>> まだ定義できないが いつかは

[インタビュー]
これで一問一答はすべて終了しました。
ここまで様々な話しを沢山伺ってきましたが、さらにこれからは未来についての話しを聞かせて下さい。
(BH)
その質問はインタビューされる度に聞かれますが、
僕は計画を詳しくたてる方ではありません。
むしろ流れるままに身を任せる方で 時には戸惑う事もありますが楽しみも与えてくれます。
期待しなかったところから何かを得たり、逆にいい機会に出会えたり、そういうものを楽しむ方ですね。
だからと言ってなんの計画もなしにぼんやりしているわけではありません。
何が迫ってくるかわからない状況に自分を任せておくほうが緊張感がでるし、ある意味 活力になると思います。


ささいなことでもかまいません。
こうなっていればいいという夢がありましたら聞かせて下さい。
(BH)
一番大きいのは、いつまでもいい俳優という評価を受けたい事。
個人的には10年後ぐらいに自分の子供を見て幸せを感じている僕の姿が見てみたいです。


これは少し変な質問になるかもしれませんが、俳優という職業を選んだことを後悔はしませんか?
これからも後悔はしないと思いますか?
(BH)
過去に少しだけそういう考えをしたことがあります。
それはあまりにも精神的に辛かったり、僕に力がなくなったときだと思います。
しかし常に僕が楽観的だからかもしれませんが、いい所だけを見るようにしました。
なるべく良い事を考え、長所だけを見て楽しむようにしてます。
今は後悔なんかしませんね。



(BGM「接吻の指輪」)
最後に、スカパー!でこの番組でをご覧になっている皆さん、そして日本のファンの方々へメッセージをお願いましす。
(BH)
この1か月間「イ・ビョンホン祭り」で放映された過去のドラマや映画を楽しんで頂けましたか。
個人的に誇りを持っている作品もあれば、実は少し恥ずかしい作品もあったと思います。
10年後 20年後 また今回のような光栄なチャンスがあるかわかりませんが、その時また「イ・ビョンホン祭り」があるとしたら本当に良い作品と良い演技でいっぱいにして自慢出来る作品だけをお観せ出来るように、これからも良い演技 良い作品で一生懸命がんばりたいと思います。
この1か月間僕の作品を観て頂いて本当にありがとうございました。


長い時間本当にありがとうございました。
番組を見ている方も今後の活躍を期待しているかと思います。
最後に拍手でお見送りしましょう。
(会場拍手の中、立ち上がって一礼し舞台から下がる)

常に新しい姿を追い求め挑戦し続けるイ・ビョンホン。
そしてアジアを代表する俳優とまで評されるようになった。
イ・ビョンホンは今、さらなる進化を遂げようとしている。

(楽屋)
本番終了後。
イ・ビョンホンへ向けられたカーテンコール。
(楽屋から舞台へ)
実は今回、韓国の収録スタジオに日本からたくさんのファンの方が駆けつけ、収録を見守ってくれていたのだ。
そんなファンの暖かい応援にイ・ビョンホンからこんなコメントがあった。

(BH)
もともと日本のファンの方がとても静かで礼儀正しい事は知っていましたが、こんなにたくさんの方が物音ひとつさせず静かに見守ってくれてたんですね。
近いと言えども遠い距離を飛行機まで乗ってお疲れ様でした。
苦労した分 今日が良い思い出になってくれれば嬉しいですし、僕との出逢いだけではなくせっかく韓国にいらしたのですから、おいしい食事や観光も楽しんで、また新しい友人にも出会い楽しい時間を過ごしてくださればと思います。
ありがとうございます。



イ・ビョンホンの暖かい心で、ファンとの絆が一層深まったに違いない。

    

コメント

  1. sato | URL | #sCdCES4I
    フーミンさん、
    こんにちは、初めまして。

    嬉しい言葉を頂いて、なんか照れちゃいます^^ゞ
    いつも遊びに来て下さっているとのこと、
    ありがとうございます♪

    始めた時は、90分なのでもっと大変かと思ったのですが、
    思ったほどではなかったんです^^
    「ピアノ」の問いに、ナゼ「テコンドー」なのか?
    とか、新発見があって楽しみました。
    BHssiのこととなると集中力が違うのかも(爆)
    少しでもお役に立てたのなら嬉しいです。

    こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m
      
    (2008/11/07 16:00 :: 編集)
  2. フーミン | URL | #O3QePs4g
    sato さん, こんにちは。

    いつも楽しく拝見しています。
    コメントもせず、読み逃げばかりでごめんなさい。。

    今日は勇気を出して、
    お礼を申し上げたくて出てまいりました。

    スカパーは観られない組なので、
    今回のsato さんの起してくださったレポに感激しました☆

    一番観たかった、運転している様子やお友達とのやりとり。
    全て目に浮かぶようです。
    サクサクいけたとおっしゃっていますが
    これだけのレポをあげるには時間と労力のいることです。
    頭が下がります。

    貴重なレポ、ありがとうございました☆
    これからもブログsatoのファンでいさせてくださいね。
    (2008/11/07 12:27 :: 編集)
  3. sato | URL | #sCdCES4I
    DARI君さん、
    見てくれて、ありがとう^^

    不思議だよね~
    私もレース編みみたいに見えた^^
    タンクトップかなと思ったんだけど、
    なんかゴワゴワしてる感じだし。
    タンクトップなら、
    シャツ無しで良かったのにね~(爆)

    宴会のビニール^^
    今更だけど、あれって何の意味だったんだろう???
    不思議な人だわ^^
    (2008/11/04 06:07 :: 編集)
  4. DARI君 | URL | #WK9ThfXs
    こんばんは~v-286

    satoさん
    スカパーCM撮影現場入り、白シャツの下!
    私も初めv-403?????だった。
    今も信じられないんだけど・・・・
    あれって、私達が着るキャミソールみたいなモノをインナーに着ているんだと思うけど・・・・・
    でも、カギ編みレースみたい???
    もしかして、ウニちゃんの・・・借りたv-394
    イエ、れっきとしたメンズモノだと思うけど.......。

    まあ、似合っているからイイけどi-179
    アリーナツアーv-52
    “ビニール足”よりは理解出来るかもv-410
    (2008/11/04 00:45 :: 編集)
  5. sato | URL | #sCdCES4I
    airaさん、
    いらして下さって、ありがとうございます^^

    ↓にも書きましたが、
    文字にするのは、すごく楽しい時間でした♪
    どんな言葉も愛しいですものね~*^^*

    映像との絡みなどうまく書けなかったのですが、
    少しでも雰囲気が伝わったら、嬉しいです^^
    (2008/11/02 22:59 :: 編集)
  6. sato | URL | #sCdCES4I
    chokoさん、
    運転してる姿って、なぜか萌えですね~^^
    ハンドル握る手が激ヤバでした♡♡

    お喋りして、あちこちよそ見しながらのドライブ、
    危ないよ~と思ったけど^^
    とっても楽しそうでした♪
    飾り気がなくて、どこかのお兄ちゃんって感じです^^

    以前みたいに動画あげられなくてツライです…



    ラベンダーさん、
    お帰りなさい♪

    >画面に映ってるBHssiの顔ばっかり
    そうなんですよね~^^
    ついお顔に集中しちゃって
    中々言葉が頭に入ってきませんよね^^ゞ
    なので、文字起こしもっと大変かと思ったのですが、
    そんなことなくて、とっても楽しかったんです♪

    同級生のお友達とのシーン、
    何気にすごくスキンシップしていて、
    仲いいんだなぁって、羨ましいです^^
    日本の男の人はあんなにスキンシップしないですよね?
    あのシーン見てると、和みます*^^*
    大笑いも、何度もリピートしちゃいました♡

    ピアノにテコンドーって答えられた所、
    突っ込んで欲しかったな~^^


    ビビアンさん、
    量はありましたが、サクサクできたんですよ~♪
    何度もリピートしながら、
    表情も言葉も満喫しました^^V

    同じようなことを言う時に、
    話し言葉でも ちゃんと違った言い回しをしていたり、
    本当に頭がよくて気遣いができて、前向きで、正直で、真剣で…
    あげるとキリがありませんが、惚れ惚れします♡

    ダンスに答えて、「パス!」って手を上げるところ、
    めっちゃ可愛いかった~*^^*
    (2008/11/02 22:48 :: 編集)
  7. aira | URL | #FVwNVV2Y
    sato さん、こんばんわ~ ^^

    とてもわかり易く書いてくださって、ありがとうございます!

    観れなくてとても残念でしたが、ここで読ませていただいて
    様子が掴めました。 ホントにありがとうございました。^^

    文字おこし、大変ですよね~
    お疲れさまでした!
    (2008/11/02 22:17 :: 編集)
  8. ビビアン | URL | #Qh43F94U
    satoさん、皆さん、こんばんわ!

    satoさん、”SPOTLIGHT”全編文字にしてくださってアリガトウございます。
    文字で見るとまた感動しちゃいますv-408
    大変でしたでしょう?
    なにしろTVで90分ですから!

    私も感動しながらボーっと見ていた仲間です。
    1問1答、答えにくい質問にもまじめに答えてくださって
    やはりBHssiの人間としてすばらしい事を再認識しました。

    ドライブのシーンではリラックスして素のBHssiを感じました。
    みなさんのおっしゃるようにとても親近感を感じます。
    ほんとにすてきな90分でした。

    satoさんも本当にお疲れ様でした!v-436
    (2008/11/02 20:42 :: 編集)
  9. ラベンダー | URL | #WL/KMDh6
    こんばんは~v-34

    satoさん、スポットライトの文字起こしありがとうございます。
    90分もあったのに大変だったでしょう
    こうして文字だけで見るのもいいですねv-218

    そうだった!って思いだしてます。v-392

    私ったら、画面に映ってるBHssiの顔ばっかりボーッと見てたんですよv-398

    特にv-347残ってるのは
    BHssiのドライビング風景です。
    とっても自然体で
    同級生との会話にBHssiの気取らない暖かさを感じましたe-266

    ほんとはビッグで遠い存在なのにね、
    身近に感じちゃって
    BHssiにますます惹かれます~v-345
    (2008/11/02 19:38 :: 編集)
  10. chokolat | URL | #JnoDGgPo
    sato ちゃん おはようございます。
    悶々組 です(笑)

    >>>ドライビング風景は左の運転席を右から映しているので、まるで自分が助手席にいるような気分♡

    ↑ いいなぁ~!!!!
    ミンチョルやテジン イナさんなど
    役で 彼が運転するところは
    数たくさん見たけど
    イビョンホンが運転してるんだよね。
    ドキドキします。
    だって 運転してるの見るの好き難だもん。

    ありがとう~ね satoちゃん。
    (2008/11/02 09:31 :: 編集)
  11. sato | URL | #sCdCES4I
    haijiさん、
    ある方からリクエストがあって始めてみました^^
    少しでも雰囲気が伝わればいいのですが…

    いつもですが、
    ビョンホンssiの率直なお話しに、惚れ直してしまいました*^^*

    ドームとアリーナのところは、本当に嬉しかった!!
    文字にすると聞き逃していたことが沢山あることに気づいて、楽しいです^^


    非公開さん(2008/11/01 17:16)、
    お久しぶりなんですね^^
    ずっと見ていてくれて嬉しいです。

    映像との絡みなど文字だけでは伝わりにくいかもしれませんが、少しでもお役に立てたら…
    今週末は主人が出張でいないのでタイミングが良かったかも^^

    コメントありがとうございましたm(_ _)m
    これからも、よろしくお願いします^^



    kimieさん、
    お手紙、拝見させていただきました^^
    ビョンホンssiのお話しはいつもブレがなく、
    真っ直ぐな姿勢が気持ちよくて
    ありがとう、と伝えたくなりますね♪
    それと、ずっとついて行きます! って^^

    どうしてあんなに素敵なのかしら♡♡♡
    (2008/11/02 08:32 :: 編集)
  12. kimie | URL | #-
    satoさん
    いつもありがとうございます。
    昨日のビョンホンさんの表情を描きながらというか自然に浮かんでくるのですが・・・活字読みました。
    番組を見終わり、ビョンホンさんのファンであることが、心から、誇らしいことだと、そんな気持ちがふつふつと湧いてきました。ありきたりの表現ですが、ずーっと見守っていきたい俳優さんです。どうかお体には気をつけられて、ご自分の信じる道を歩んでいってください。

    フフフ、手紙のようになっちゃいました。
    (2008/11/01 19:56 :: 編集)
  13. | | #
    このコメントは管理人のみ閲覧できます
    (2008/11/01 17:16 :: 編集)
  14. haiji | URL | #gg36Nr4I
    satoさん、こんにちは。

    スカパーに加入してないので、昨日は観れない苦しさに悶々としていました。
    インタビューの記事を活字にして下さって本当にありがとうございます。

    いろいろと語ってくれてますね。
    いままで知らなかったこととか興味深いお話もたくさんありますね。
    (2008/11/01 12:28 :: 編集)

コメントの投稿


Secret : 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lovelbhsato.blog43.fc2.com/tb.php/995-07a19961
この記事へのトラックバック

 





『IRIS』TBS公式サイト
TBS地上波   水曜 夜 9時 放映中
TBSチャンネル 土曜 夜11時 放映中 

『IRIS』公式サイト
韓国KBS2 放映終了 

『The Influence』公式サイト
配信中


イ・ビョンホン ファンクラブ




『G.I. ジョー』日本公式サイト         『G.I. Joe』米公式サイト

『G.I. ジョー』韓国公式サイト         『G.I. Joe』韓国公式ブログ


『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』公式サイト






♡ nom's Link ♡
『The good,The bad,The weird』CafeDaum
Cafe Daum THE BAD 画譜集
[THE BAD] Changyi 画譜集
THE GOOD 画譜集
[THE GOOD] Dowon 画譜集
THE WEIRD 画譜集
[THE WEIRD] Taegu 画譜集

プロフィール

sato

Author:sato

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。