イ・ビョンホンに浸る日々

ビョンホンssiに想いをめぐらす日々のあれこれを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/04/14 

申相玉(シン・サンオク)監督を弔問

シンサンオク監督葬儀

シンサンオク監督葬儀2


昨日は、ソウル大学病院の申相玉(シン・サンオク)監督の殯所を訪れたそうです。
弔問に訪れた芸能界関係の方は申相玉監督、崔銀喜(チェ・ウンヒ)女史の世代が大部分だった中、世代も違って一緒に仕事をしたことのなかったビョンホンシの弔問は、その背景に関心が集まったとのこと…。

ビョンホンシは尊敬していた申相玉監督と崔銀喜女史に長年に渡り音信を保ち、申監督も2000年韓国に帰国する前のアメリカでもビョンホンシ出演の作品は取り揃えて見るほどに愛情が格別で「イ・ビョンホンは大きくなる俳優」と誉めていて、お二方とも彼を息子のように思っていらしたそうです。

イ・ビョンホン,'崔銀喜女史両手取って慰労'
マイデイリー 2006-04-13 15:05

イ・ビョンホンが故申相玉監督殯所捜した理由
ニュース 2006/4/13 15:45

重い足移す 'イ・ビョンホン'
マイデイリー 2006-04-13 16:57:11

イ・ビョンホン, 'シン監督催女史が息子のように思った'
マイデイリー 2006-04-13 16:53

以下、申相玉監督死去の時事通信の記事です。

申相玉監督死去=北朝鮮に拉致され脱出-韓国
 【ソウル12日時事】韓国映画草創期の代表的監督である申相玉氏が11日夜、ソウル市内の病院で死去した。79歳だった。申氏は映画監督として活躍していた1978年、北朝鮮に拉致された。同様に拉致された女優・崔銀姫さんと結婚して映画づくりを継続。「帰らざる密使」などの作品を制作したものの、86年、崔さんとともに在ウィーン米大使館に駆け込み、「逆亡命」と話題を呼んだ。
 北朝鮮での生活の様子などを著書「闇からの谺(こだま)」として発表。その中で、自分と夫人の拉致が金正日労働党総書記の指示だったことを、総書記自身から聞かされた話を紹介している。   (時事通信) - 4月12日13時1分更新


【訃報】申相玉さん86歳=韓国映画界の巨匠
朝鮮日報 2006/04/12 09:24

故・申監督の「映画より屈曲した人生」…海外でも一斉報道
朝鮮日報 2006/04/13 17:32

コメント

コメントの投稿


Secret : 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lovelbhsato.blog43.fc2.com/tb.php/99-c7d27d28
この記事へのトラックバック

 





『IRIS』TBS公式サイト
TBS地上波   水曜 夜 9時 放映中
TBSチャンネル 土曜 夜11時 放映中 

『IRIS』公式サイト
韓国KBS2 放映終了 

『The Influence』公式サイト
配信中


イ・ビョンホン ファンクラブ




『G.I. ジョー』日本公式サイト         『G.I. Joe』米公式サイト

『G.I. ジョー』韓国公式サイト         『G.I. Joe』韓国公式ブログ


『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』公式サイト






♡ nom's Link ♡
『The good,The bad,The weird』CafeDaum
Cafe Daum THE BAD 画譜集
[THE BAD] Changyi 画譜集
THE GOOD 画譜集
[THE GOOD] Dowon 画譜集
THE WEIRD 画譜集
[THE WEIRD] Taegu 画譜集

プロフィール

sato

Author:sato

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。