イ・ビョンホンに浸る日々

ビョンホンssiに想いをめぐらす日々のあれこれを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006/11/19 

サマンサ ホワイトX'masキャンペーン


 11/20(月)~12/10(日)に「BOND~絆~」シリーズのセットペンダントを購入すると、12月下旬に韓国からクリスマスプレゼントが届く"LBHホワイトクリスマスキャンペーン"があるそうです。また、期間中にHPかモバイルサイトから購入した方の中から抽選で10名に、ビョンホンシのサイン入りオリジナルBOXのプレゼントもあるようです。

Samantha Tiara BY LEE BYUNGHUN
LBHホワイトクリスマスキャンペーン
キャンペーン概要


イ・ビョンホン、映画『夏物語』について語る
朝鮮日報 2006/11/19 09:54

韓紙民,MC 挑戦で人気不運洗おうか?
ジョイニュース24 2006年 11月 18日 (土) 14:10

スエさん、昨夜放送の『芸能街中継』ゲリラデートに出演されたようです。
水涯 “一目に惚れる絵みたいな愛待つ”
NEWSEN 2006年 11月 18日 (土) 17:26

いちめんソン・スンホンファン-便,体育館が '賑やか'
ニューシース 2006年 11月 18日 (土) 22:44  *ビョンホンシのビデオメッセージの内容有り

【vcd+寫真】秉憲出席春史電影節
MagicBox *下の方に春史映画祭の新しい映像
イ・ビョンホン、映画『夏物語』について語る

[記事引用]
 イ・ビョンホンの目には特別な魅力が隠れている。優しそうで、いつもキラキラと濡れており、まるで母を見失った子牛のように悲しげでもある瞳は、相手の武装をいとも簡単に解いてしまう。

 イ・ビョンホンが『甘い人生』でやくざを演じながらも優しそうでどこか悲しそうに見えたのは、その瞳の力が大きい。

 イ・ビョンホンがラブストーリーに戻ってきた。前作『甘い人生』では血を流したが、今回の作品では涙を流す。『私の心のオルガン』、『バンジージャンプする』で純粋でありながら激しい恋を演じたイ・ビョンホンが、30日に公開される映画『夏物語』では切ない昔の恋を演じている。

-映画『甘い人生』とは180度イメージの違う『夏物語』を選んだ理由は?

 「そのような質問をよく受ける。もっと強い男を演じた方がいいのではないかという人もいれば、良い選択だったと言ってくれる人もいる。しかし僕自身は『次はこういう役が演じたい』という青写真を描く性格ではない。シナリオを読んで感性を刺激された作品に出演している」

-『夏物語』は老教授が20歳のころの初恋を思い起こす映画だ。20代と60代を同時に演じるのは難しくなかったか。

 「自分の年齢が中途半端だと感じた。自分の年齢自体のことではなく、20代と60代を演じるには中途半端だという意味で。映画を見た人はイ・ビョンホンが60代として登場すれば特殊メイクをしたのかなどと言うはず。そのような部分で色々悩んだ」

-映画『バンジージャンプする』や『私の心のオルガン』など、イ・ビョンホンがこれまで演じてきたラブストーリーの映画と今回の映画は情緒的に似ているのではないかという評価もあるが。

 「最初に『夏物語』のシナリオを読んだとき、時代的には『私の心のオルガン』と似ているし、純愛物語という点では『バンジージャンプする』を連想させるとは思った。しかし情緒的には『夏物語』とこれらの作品はまったく違う」

-代表的な韓流スターでありながら、作品の選択に「韓流」を考慮しないように思えるが。

 「韓流ブームに乗って企画をしていると、最初はヒットするが、後になって見ると作品自体が軽く感じられる場合もある。数年後にこれまでの出演作を振り返ったとき、恥ずかしくなるような歩みは残したくないと思っている。もちろん、今でなければできないような作品に甘い誘惑を感じることもある。しかし長い目で見て良い作品を選びたい。中には『夏物語』が日本受けを狙ったものではないかという人もいる。それならば『甘い人生』もラブストーリーだったのだし、今後はラブストーリーを演じることができないということになってしまう」

-相手役スエとの相性はどうだったか?

 「スエはとても内向的な女性ではあるが、独特な女優だと思う。これまでこういうタイプの女優と会ったことがなかったので、最初は不思議な感じがした。撮影現場で6カ月間、1日3食をすべて車の中で食べていた。ある時は現場で7時間待機しなければならないことがあったが、1度も車の中から出てこなかった。それなのに山登りやスポーツなど体を動かすことは好きなようで、いつも楽しそうにやっていた。普通の人よりもはるかに内気な女性だ。それなのにカメラの前に立つと豹変する。まるでエネルギーが外に出てしまわないよう、ためておいた後、カメラの前で一気に爆発させているかのようだった」

-いつからかあまりメディアに顔を出さないようになったようだが。

 「1人の俳優を好きになると、その俳優の本当の姿が知りたくなるものだ。しかしそうしているうちに、その俳優の次の作品に対する期待が弱くなっていくような気がする。実際とは違う姿で登場したのに、『あんな人じゃないのに』と言われることもある。だから本当に良い作品でファンの前に姿を現すのが正しいと思う」

-俳優だけでなく監督や制作にも関心があるようだが。

 「僕の中にそのような部分があるのは事実。1つだけに集中するよりも、自由に未来を開けておきたい。ドキュメンタリーの制作にも興味がある。いつかは自分で映画を作るのが夢だというユ・ジテに『先輩、映画を作ってください。先輩が作った映画を見てみたい』と言われたことがある。軽い気持ちで言った言葉かもしれないが、こんな風に考えてくれる人がいるのはうれしい。でもまだ具体的に構想を練ったわけでもなく、いつになるかはわからない」


STARNEWS/朝鮮日報JNS 記事入力 : 2006/11/19 09:54

朝鮮日報 2006/11/19 09:54

コメント

コメントの投稿


Secret : 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://lovelbhsato.blog43.fc2.com/tb.php/454-a57f9238
この記事へのトラックバック

 





『IRIS』TBS公式サイト
TBS地上波   水曜 夜 9時 放映中
TBSチャンネル 土曜 夜11時 放映中 

『IRIS』公式サイト
韓国KBS2 放映終了 

『The Influence』公式サイト
配信中


イ・ビョンホン ファンクラブ




『G.I. ジョー』日本公式サイト         『G.I. Joe』米公式サイト

『G.I. ジョー』韓国公式サイト         『G.I. Joe』韓国公式ブログ


『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』公式サイト






♡ nom's Link ♡
『The good,The bad,The weird』CafeDaum
Cafe Daum THE BAD 画譜集
[THE BAD] Changyi 画譜集
THE GOOD 画譜集
[THE GOOD] Dowon 画譜集
THE WEIRD 画譜集
[THE WEIRD] Taegu 画譜集

プロフィール

sato

Author:sato

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。