イ・ビョンホンに浸る日々

ビョンホンssiに想いをめぐらす日々のあれこれを綴っています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/02/05 

英インタビュー

 
 明日のUK公開を前に引き続きレビュー記事などが出ていますが、以前『Joe』についてビョンホンssiのインタビューを載せていたIGNで、今度は『ノム』についてのインタビューがUPされました。

 時間がないので、翻訳後のリンクではありません。


The Good, The Bad, The Weird Q&A
G.I. Joe star Byung-hun Lee discusses his role in the comedy western.

IGN February 4, 2009 08:06

G.I. Joe Exclusive
IGN talks to Storm Shadow himself, Byung Hun-Lee.

IGN November 24, 2008


The Good The Bad The Weird
THE LIST November 24, 2008   

REVIEW: THE GOOD, THE BAD, THE WEIRD
Hornsey and Crouch End Journal 04 February 2009

  
スポンサーサイト

2009/01/30 

英記事

 
 『ノム』のイギリス公開を控え、英映画サイトにビョンホンssiのインタビュー(先日のMike Edwards氏のよりも長いみたいです)や紹介記事、『ノム』のビデオクリップなどがアップされています。

 インタビューの日時は明記されていませんが、「忙しいプロモーションと時差ボケでへこんでいた」ようなので、11月の渡英の時なのかな。通訳の方が待機していたようですが、時折手伝うだけだったようです。既出の内容が多いですが、『Joe』のことなど今までより踏み込んで書かれているようです^^
 「pt 1」とあるので、パート2があるのかも。(意味が違ってたら、ごめなさい。)

*インタビュー記事は、一番下のリンクです。


First sight: Lee Byung-hun
The Guardian Friday 23 January 2009

The Good, The Bad, The Weird Clip
Exclusive: Glimpse the new Korean epic

Empire 26 January 2009 [01:05]

The Good, The Bad, The Weird interviews, pt 1: Lee Byung-hun
easternkicks Friday, January 23rd, 2009
[記事引用]
No more mister nice guy. How Korean star Lee Byung-hun is ditching the romantic leads to play the bad guy…

In a side room of the labyrinthine Soho House – an allegedly exclusive members only club in the West End of London though teeming with activity this Friday afternoon – Lee Byung-hun is more charming and instantly charismatic than even the big screen appearance would give him credit for. The obvious romantic lead, past roles have seen him cast roles from the young soldier in Park Chan-wook’s JSA: Joint Security Area to the somewhat naïvely honourable gangster in Kim Jee-Woon’s A Bittersweet Life. Chan-wook even cast him as the director targeted by an extra for being too nice in his segment for Three… Extremes.

Yet in his latest role in The Good, The Bad, The Weird with Jee-woon, 38 year-old Lee has quite literally donned black to play the villain, though in an admittedly rather sharply tailored suit. Lee stars as The Bad Chang-yi, a deeply psychotic bandit leader, so did he enjoy playing the bad guy for a change?

“Oh yeah, because I’ve never done that before and this was a very new experience for me. I realised I could have those kind of expressions and emotions, changing how I use my eyes, my behaviour. It was surprising to find some aspect that I didn’t know was there! Mr Kim was surprised too, because we worked together on A Bittersweet Life previously, and he didn’t know I could do that, he saw a new side to me.”

So had Jee-woon taken chance casting him in that role? “I don’t think so. Maybe he got some kind of confidence to use me in that role. Actually I had the chance to select which role I wanted – he gave me a choice of the good or the bad, and said ‘what do you want to do?’ I couldn’t make my mind up, so finally I asked him, what would you like me to do? He told me that I should play the bad guy, it would be so cool. I guess really I’d wanted the chance to play a villain all along, so I went with the bad guy.”

So you unleashed your inner ‘badass’? Lee simply laughs in reply.

Unsurprisingly his role has brought a lot of parallels with Heath Ledger in The Dark Knight, two young, handsome leads utterly believable in their roles as dangerous lunatics. Though Lee is keen to point out that Dark Knight was released a year after he’d finished filming. “Funny thing is a lot of fans have been making that comparison. I don’t know what it is, the dark circles round the eyes maybe?”

Was he apprehensive about how his fans would react? “Some of my Japanese fans were worried about that, because I’ve never done it before. They’ve been watching me play like, good guys, nice, romantic and so on. They were worried just before the screening, but luckily they were really satisfied with what they saw.”

And it’s not just his diehard fans that have appreciated the film, its been well received internationally. “Of course I was nervous when we went to Canada with the film. Neither I nor the other leads had watched it yet so it was our first screening too, and we were wondering how the audience would respond. After the screening the audience kept on clapping for 10 minutes. Part of me thought they could have been just being polite, but we could feel that it wasn’t. They were really clapping from their hearts so it was a surprising experience for me.”

So what is it about the film that appeals to people? “First of all it’s a Western, and everybody likes a Western. Second it’s an oriental Western, and that’s a funny combination – there’s a lot of comedy and slapstick moments, twists. I think your traditional ‘western Western’ is a lot simpler. A couple of guys in the desert, bang bang and that’s it, then there’s the eyes, when they’re staring at each other. So I think it’s a lot more active, there’s so much more action.”

And had he seen much of the Spaghetti Westerns that influence the film, particularly The Good, The Bad and The Ugly? “Not since I was 7 or 8.”

His mastery of the English language (not to mention French and Mandarin – though he wasn’t going to be tested there) seemed only dented by jetlag and a hectic promotional schedule. A translator stayed on hand to help with occasional words. But that was literally it, the occasional word.

His second film with Kim Jee-woon, what attracted him to working with the director again? “One of the main things is he can make the story interesting and fun, but he never loses the details. He always cares about the set, the props, the wardrobe – he always takes an interest in everything. I think he must have a headache because he’s so much in the detail! That’s why actors love to work with him.

“It was also kind of fun because the contract came before the film itself, so I thought it was going to be so hard to do. Basically I believe in Mr Kim, so he’s really great to work with.”


What other Korean directors does he admire? “Park Can-wook is one of my really good friends, and I love his directing. I think there are lots of great directors in Korea. Like Yu Ha [Once Upon A Time In High School, A Dirty Carnival], and Bong Joon-ho [The Host, Memories Of Murder, Barking Dogs Never Bite]

And what about his co-stars, The Good (Jung Woo-sung) and The Weird (Song Kang-ho)? “People, especially Asian journalists, are always wondering if we were in competition with each other. And we also thought like that, but when we got out to the desert in China we didn’t have time to think about it. Not just because of the action but the environment was terrible, it was hard. We thought a human should not be here. Sometimes you couldn’t breathe because of the sandstorms, and everything was so awkward and uncomfortable. So we had to work together, we could not feel that kind of rivalry.

“We were so happy when we got to rest. Everyone, the makeup team, stunt guy and actors always had a soccer game. There were no actresses, only guys, so it was like being in the army.”


So a bit of a disappointment after playing the romantic lead so often, then? “Yeah, actually’” he laughs. “But that still has another attractive point. Guys only, so we could talk about anything, particularly girls.”

Did he perform the stunts himself? “Almost all Korean actors know how to kick. Everyone learns Tae Kwan Do at school, they learn in the army to. Fortunately I’m still flexible, even though I learned when I was four or five years old. I can kick, use defensive skills, so actually action is not that big a deal. But sometimes when I have to do something really dangerous I have a conversation about it with the director and we decide I’m not going to do it. But normal action scenes are my favourite to do.”

What was the most dangerous thing he was asked to do? “Actually riding horses was the most dangerous, because there were a lot of explosions as you saw and they’re not a machine. You don’t know how they are going to react after the explosions or gunshots and that made me, and everyone else, nervous. We were riding so fast and then when the explosions went off they’d move away from them. That was the most dangerous for me.”

Amazingly, this was the first time he’d ridden a horse. “And the first day I went to a horse riding school I learnt for just one hour, and ended up breaking my ankle so I couldn’t learn anymore. For one month I had my foot in a cast and had to ride like that. And then we had to go to China so I didn’t have time. I’d had maybe 10 lessons, but still not enough. In China the environment was totally different anyway, no mountains, only desert. Maybe it’s a good environment to learn in, but the horses are so different too, so raw, so it was almost like starting again anyway. The speed we rode was rather too fast to learn it, there being no obstacles there.”

So did he get saddlesore? “Yeah, I did. But you couldn’t think about the soreness or the pain, we just had to get on. Then after we realised we were covered in bruises, we were sooo tired!”

What was the most fun thing he did on set? “Actually I think the scenes may have been deleted, but every time I had to react to a gunshot or explosion we’d do three or four takes for my expression. I’d always ask him what he wanted, but on the last take I’d always do what I wanted to. And it was always the last shot that was the good one. That was the most fun part, as I wasn’t aware of my potential to portray those sorts of expressions, I just went along with how I felt. And what came out of it both I and the director were happy with, but unfortunately some of them were deleted – perhaps they’ll be on the DVD?”

About to make his Hollywood debut, what does Lee think that means for his career? “Actually I’ve had two experiences. The first is with Ann Hung Tran on I Come With The Rain, where I star with Josh Harnett, the second is G.I. Joe: Rise of Cobra with Stephen Sommers. That was quite a good experience even though I had an awkward time. Everything was so different, the systems, the special language.”

“Still I it was a good experience. I’ll keep working in Korea, so I don’t lose my base, but if I’ve a chance to work in Hollywood again then why not? If there’s a good project for me than I would like to work there again. Basically, I’m going to work in Korea, keep going back and forth.”

Despite this, Lee sounds more than a little jaded over his experience there. “I could tell they’re much more rational than we are in Korea. They really think the time is important. Because they’re much more commercially minded they don’t waste their time, they don’t want to waste the money. So every day we have to gather at six o’clock in the morning. We don’t do that in Korea, they just decide right after the shoot, ‘okay, we’re gonna meet at four in the afternoon’, just like that.”

“In Hollywood it’s more rational, but much less familiar. It’s not like family. You can’t feel the same friendship that you would on a Korean film set. Sometimes I feel the studio guys are too much, they’re too logical. For example, I needed to take some time to go somewhere, just two days, and they said I should look at my contract again. I don’t think that feels very human.”

So did he get to hang out with the stars? “Actually Dennis Quaid had to shoot another movie, so we had to finish his scenes first, he finished in just a month. So we only met on his last day on the shoot. We’d met for reading and rehearsing, of course, but on the shoot, just once.”

So does that mean he’s going to get his own action figure? “That was my first time using a sword, so I had to train for a month with the stunt guys. And to use a sword was so strange, I hadn’t really fought with one before. But yes, a figure is coming out. It’s so funny, the head is really small but I can tell it’s me! You can tell…”

The Good, The Bad, The Weird is released in selected cinemas around the UK on 6 February.

Thanks to Chris Lawrence of Icon Film Distribution and Paul Smith of The Associates for setting up the interview, and of course Lee Byung-hun for his time.




2008/11/01 

(完了)「SPOTLIGHT」 

[追記 11/6] Rubeursの動画のリンクを追記しました。
[追記 11/2] 全文UPしました。 
[追記 22:00] 


Thanks BH&Rubeurs and Lucy!
[VOD] Sky Perfec TV - Spotlight part 1  [追記 11/6]
BH&Rubeurs [02:36]
 


 
 昨夜はドキドキしたまま、あまりグッスリ眠れませんでした^^
 90分間丸ごとBHssi、インタビューの内容も映像も贅沢な番組で感激でした♪

 ここから先はネタバレです。



 
 22時丁度に「いつか Rock Ver.」のCMで始まりました♪

 ソウルの遠景から始まり、セブンラックの旗々、黒と白のチェックのシャツにデニムのカジュアルな服装でサングラスをかけたビョンホンssiが白のステーションワゴンに乗り込みます♡

 ナレーションは、スマスマでお馴染みの増田晋さん。
 雰囲気がガラッと変わって、上品なスーツに身を包み一問一答に真剣な顔つきで臨むビョンホンssi。ところどころお得意のジョークを交え、時に少し考え込んだり…。
 90分があっという間でした。

 『ノム』予告編、スカパーCM撮影、ホテルでのカレンダー撮影、など映像も素敵*^^* 中でも、ドライビング風景は左の運転席を右から映しているので、まるで自分が助手席にいるような気分♡


 画面で見ているとつい映像に反応してしまうので、インタビュー内容を文字起こししてみました。
 まだ半分くらいですが、また出来次第追記します。


[ (完了)「SPOTLIGHT」 ]の続きを読む

2008/07/24 

Dongaインタビュー

 

国民俳優イ・ビョンホン “ラグビーボールのような世の中,私はそれを楽しむやつ!”
レッドカーペット踏むことでありなさいと想像もしないgが…生の準備?暮しながら感じるので何

Sports Donga 2008-07-23  

ほほ笑みが親しくて暖かい国民俳優イ・ビョンホン
 Donga  *写真8枚

[記事抜粋]
“どこへ跳ねるかも知れない現実が私を緊張するようにする。”

ぐいっと陥った頬の肉,黒く焼けた顔. 久しぶりに会ったイ・ビョンホンの顔には1年の間海外で三編の映画を強烈なアクションで延期(演技)した緊張感,そして帰国した後,彼から解放されながら積もった疲労がそのままにじみ出た。

“どうして見たらアクション俳優になったように見せることもある。 からだが二つの三個でもないがいつも気を付けなければならない。 橋(脚)が折れて靭帯が裂けた。 あちこちアザ トゥソンだ.”

中国で映画‘良い奴,悪い奴,おかしな奴’を撮影して足首が折れたし,ハリウッド映画‘G.I.組’をチェコ,プラハでとって右側膝靭帯が裂けた。

“絶望的だった。 今はとても考えなしで飛び込んであたる年齢ではないのを,確かに経験した。”

そのような苦痛終わりに‘良い奴,悪い奴,おかしな奴’の興行好調があたえる甘みを見ていると幸いなことだ。 それでも‘アクション映画はもう怖くなる’で愚問を投げた。

“良い作品なのにアクション映画としてしないか?”という賢答が帰ってきた。

彼は問い直した。 “何をするかも知れない。 こういう状況を楽しむようだ。 計画? 答えることがない。 これから私が何をするのか私も分からないためだ。 私も,ファンたちも待つだけだ。 西部映画でガンマンになるだろうと誰が分かったか? 忍者映画(‘G.I.組’)に刀を差して登場するのか,坑道を掘った親分(‘私は雨が降って共に行く’)になるのか分かったか?”

イ・ビョンホンは自身がいくら渇望しても得ることができないのがあるといった。

“どこへ跳ねるかも知れない現実がいつも日緊張するようにする”という話はそのような延長線上で理解された。

○何か不安さを感じるという言葉に受け入れてもかまわないか。
“不安感? もちろんある。”

○何が不安なのか。
“複合的だ。 私の人生に対したことである場合も,映画人生に対したことである場合も,でなければ作品それ自体でもある。 今俳優として合うように行っているかいつも自問自答する。 年を取るというのは少しずつ楽になるということでもある。 それで不安感は微細だが時により制御が可能だ。”

○トップスターとして,俳優としてどの段階に上がって何を成し遂げた余裕のおかげでないか。
“違う。 私の初期作の中で‘地上(紙上)挽歌’がある。 レッドカーペットを踏んで賞を受ける姿を想像する場面が出てくる。 実際にその映画を撮る時,私がカンヌ国際映画祭レッドカーペットを踏むことになることという(のは)想像をしたか。 ‘本当にそれなら多分信じられなくて心の本当(陳情)も,呼吸もならないだろう’で考えた。 だがレッドカーペットの上を余裕あるように歩いて‘私がたくさん傲慢になったんだな’とする気がした。 本来そうしたように。 ある瞬間,楽しんでいる私を見た。 すでに適応している日発見したのだ。 何年か前の日振り返ってみて私が今どれくらい幸せだろうか考えようと努める。”

○イ・ビョンホンの幸福は何か。 トップスターとしてイ・ビョンホンは憧れの対象だ。
“そうだな,私が幸せなのかをいつも点検して暮らせるならば他の人々より幸せなことでないか。 私がどんな位置で何を持っていることとは関係ない。”

○レッドカーペットを夢見て英語勉強をしてきたというのに。
“誰がそのような話を?! 実質的な英語勉強は10代後半に2年の間したことだけだ。 その時習った英語を今まで活用しているというのが自ら立派だ。”

○いつも何かに備えてサナ.
“何を計画しないけれどそれでも気を落としていることではない。 心の準備をする。 それでもまた対応だというのが何があるか。 そのまま日常を生きていくだけだ。 生きながら感じる感情と新しさを記憶するように努めろと後輩らに話したりする。 それが俳優の真の財産であるから。 感情あるいはそれで派生するものなどを延期(煙,演技)で見せなければならない。 結局生きながら感じるのだ。”

○今でも何を感じようとするか。
“俳優が作品を終わらせて遊ぶという。 だが遊ぶのが遊ぶのではない。 何か絶えず差しせまってきてストレスを受けて生きてきたようだ。 その休み時間の間.”

○延期(煙,演技)と作品のほか今の最大関心事は何か。
“インテリア. 本来関心が多い。 空間を活用するという概念というか。”

何年か前格好良く計画した自身の家を彼が視聴者たちに公開した記憶を想いうかべた。 エスプレッソ マシンで選んだ原豆コーヒーの濃い香りを吟味した姿が‘本当においしい’で考えたことがある。 ‘G.I.組’撮影を終えて帰国するところにプラハでまたエスプレッソ マシンを買ってきたとし,彼が微笑んだ。 そのような笑いの中にスクリーンでみた比熱(卑劣)で悪漢の姿が隠れているだろうと,彼の話のままに,“また誰が分かったか”?

○偶然にも最近出演作三編(便)では皆‘悪い奴だ’. これから心配になる。
“心配? とんでもない. イメージの問題でない。 新しいキャラクターをどのように作り出すか大きい心配だった。 悪役だ,違うの区分は重要でない。”

○キャラクターが大きく異なっているか。
“‘私は雨が降って共に行く’では内面深々と悪魔性を大事に保管している。 外形的には悪人なのかどうか分からないが彼の魂は悪を代表する背筋が寒くなることそれ自体だ。 ‘G.I組’ではどんなアクションを見せるかが重要だった。”

○ ‘良い奴,悪い奴,おかしな奴’の創痍はどうなのか.
“残酷で恐ろしい。 観客は楽しむばかりだ。 だが孤独で孤独な奴だ。 自身が最高と考えて生きていく,そのような誘致した奴だ。 だがそのどれくらい極度の不安さがあるか。 緊張感とも多く戦うことだ。 毎日毎日不眠の夜をどれくらい明かしただろうか。”

映画の中キャラクターを,手まねと身振りで小さいけれど強烈に表現したイ・ビョンホンはインタビュー途中スタッフにサンドイッチをお願いした。 “腹がへれば集中にならない”としながら。 サンドイッチ一皿を即座に片づけた彼はもう下半期にはブロックバスタードラマ‘アイリス’でファンたちに会う。

作品に対する“腹がへること”を忘れるために彼は相変らず“どこへ跳ねるかも知れない現実”の中で“心の準備”として集中して生きているようだ。

 

2008/07/18 

BHssiインタビュー記事

   
 『ノム』公開に合わせてBHssiの新たなインタビュー記事が出ていて、もうゴチャゴチャです~^^ゞ
 1つは韓国日報の長いインタビュー、もう1つは15日にソウル三清洞(サムチョンドン)のカフェで行われたようです。

 韓国日報の記事は昨日もありましたが、写真も違うし記者さんの名前も違うので、別なインタビューのようです。
 この記事によると、『ノム』でのBHssiの配役が、はじめはチャンイ役でもトウォン役でもどちらでもよいくらいのニュアンスだったみたいです^^ 私はまだ観ていませんが、BHssiにはやっぱりチャンイの方が似合うんだろうな~と思うのですが。それとも、ジウン監督の作戦だったのかも^^

 もう一方の記事の衣装、袖口からのぞいているのは久しぶりにドレッシーなシャツ。他のアングルの写真ももっと見たいな~

[パク・ソニョン記者のWho's Now]映画'奴奴奴'熱演イ・ビョンホン
"普段にはふざけていたずらをしておもしろい奴でしょう"

韓国日報 2008/07/18 10:50:28     
[記事抜粋]
彼にはいつも妙な緊張が流れる。 時には悲しく見えることも,時には知略街のように見えることも,時には暗いことも,時には申し分なくセクシーに見えるけれども,きっ抗した緊張を失う方法はない。 なんだか(道理で)水の一滴も漏らさなく見えるのが冗談かけるのが容易でないようだ。
韓国映画最高期待作 <良い奴,悪い奴,おかしな奴>(キム・ジウン監督)で馬賊団親分で悪役変身したイ・ビョンホン(38). 彼と向かい合って座った。 中国,ゴビ砂漠で300日間苦労した <奴奴奴>ウイ前後で米国ハリウッド映画も二編(便)もとった彼は少しやせるとみられた。 文章の間の休止が長い彼の話法は恐らく考えが多いせいだろう。

-映画は満足によく出てきましたか?

“私はよく見ました。 延期(煙,演技)やこういう部分に対して話せば惜しい部分がいつもあるが。 自分自身に対しては塩辛く点数を付けるでしょう。”

- ‘数えておくこと’が出てくるのに,その中‘悪い奴’役をされました。 選択でしょうか,与えられたのですか?

“私には良い奴,悪い奴が皆開けていました。 先立ってすることにした開くという中(案)フン監督の'I come with the rain'でも悪役だと,ここでもう一度悪役をすることがちょっと負担になることはしましたよ。 ところで同じ悪役でも感じが違う魅力的な悪役だと欲が出て,また良い奴も魅力あっておもしろいようです。

ア,どんなものをすべきだろうか,決定をおりられませんが,監督様が‘二つとも大丈夫だが悪い奴一度してみるのも悪くないようだ’そうされましたよ。 OK,悪い奴しよう. そのように始めることになりました。”

-良い奴が一時念頭に置いた駅ならば,撮影する間チョン・ウソン氏が延期(演技)するのを本当につくづくと見たことのようです。 私ならばあのようにしたはずなのにという気もしたようだし。

“ところでひとまず決定をしたら要,自分のことに考える余裕もないです。 何こうしたのはあるでしょう。 ‘オオ,あの子かなり素晴らしく出てきたよ。’あるいは‘ア,なんだ,強豪型だけ主人公なの?’こういう考えはあるが撮影を下面からはそのように考える余暇がないです。 私のことも忙しくて気が気でないけれど。 その環境にあれば他のチァプセンガクそれほど聞かないです。 どれくらい大変な環境なのか多分画面ではおよそ50%もナワスルレナ.”

イ・ビョンホンには生活人の姿がよくあらわれない。 よく知られたこともなくても見せることも敬遠してするように見える。 なんだか(道理で)戦略的で緻密な人のようで,理由と秘密が多いと思った印象を匂わす。 16年や俳優生活をしながら,そのようにするのは容易ではなかっただろう。

-イ・ビョンホン氏は自らをよく表わさない人であることのようです。

“フッ. それが身についたことのようです,考えてみれば。 俳優は基本的に神秘でなければならないという考えが基本になったためか。 以前には私がそういうのをたくさん意識しながらそうしたかもしれないです。 ア,私が私をたくさん見せないのが良いから私の個人的であることは見せずに俳優としての質問らだけ受け入れよう。 ところでしてみるからもうそれが(身ごもる)しみこんだようです。

インタビューする時も今は自然にするというのにもそのように見えるようだし…. 人々には‘あら,あれ飾り的に答えるよ’,とても守るからある外皮剥いだら良いですが,‘ア,何かちょっとすっきりしないね’,こういう感じらが入るようです。

ところで俳優がちょっと神秘でなければならなくないですか? なぜ俳優らが自分を表わさないとするのか分かりますか? 私が私を表わして,人々がそれに対して評価をするかと思う? そうしたのは絶対に違います。 私がどんな役割をした時で,人々が私をたくさん分かれば‘あの子延期(演技)しているよ’ですね。

人々がすでに私の語り口と私のクセと私の好みを皆知るのに,例えば私がショープログラムで私をとてもたくさん見せたよ,出て行って,踊りもこのように(肩を揺さぶってちょうど踊るとみられて)追考,歩き方もこのように(粗末なステップをまねて)歩いて,ちょうど冗談も言って,色々な話もたくさんしました。

それでは人々はあたかもお隣り兄さんのように,お隣り兄のように日とても身近に思います。 そうするうちに私がそれとは完全に相反した役割を受け持ちました,とても深刻な映画で。 それでは人々はその映画に陥れないですか。 それは映画にすごい損害です。”

-それは演技力の問題でもあるようなのですが。

“いいえ。 絶対ではなかったようです。”

-ソン・ガンホ氏そのように笑わせるが真剣な延期(演技)するといって滑稽ではないでしょう。

“ソン・ガンホ氏は,私より露出が10分の1もならない人です。 強豪型はすべての映画で似た役割をたくさん引き受けて,私たちがその人をよく分かるようだったんだろう,その人が自分をとてもたくさん見せたためではないといってよ。 勘違いしていますよ,人々は。 ソン・ガンホをたくさん分かると。 それでもしません。 絶対に。”

-ドラマ <明日は愛>ウでデビューした時,イ・ビョンホン氏は元気で溌刺とした私たちの日常の若者でした。 そうするうちにある瞬間,その時とは全く違う人になりました。 指摘でカリスマあって雄の香りが強い‘遠いあなた’になったというだろうか。 それを見れば真の自分探求を熱心に,成功的に上手にする人のようだという気がします。

“昔と今私がするキャラクターらが大いに変わっているという考えは入るのにそれで完全に他の人のように見える(見せる)かは分からなかったです。 人々が私に対して若干誤解している部分があるようです。 とても日完ぺきに見て私が考えをたくさんして,かちかち計画のとおり行く人だと考えます。 もしかしたらその反対であることもあるので。 出た完全無計画に生きます。

そうしたのはあります,かなり熟慮すること。 かなり優柔不断で。 常時年末には‘次に年度計画は何ですか?’ ‘これから10年後の姿はどうでしょうか?’こういう質問らを受けるのに,本当にないです。 私は嘘はしません。 私を表わさないかは分からないが。

‘本当に計画がないですか? どのようにそんなことができますか?’こういう反応を見ながら‘私バカなのか’こういう考えもしたことがあります。 人々はみな計画的に,戦略的に何かをするようだが私だけ何の考えがないようで,私が頭がちょっと空の子だね,こういう考えもして。 ところで後ほどにはそれでおもしろいようです。 計画がないが突然何かできて,どこへ跳ねるかも知れなくて,何をするかも知れなくて,そんなことが私も興奮して。”

-私の質問はイ・ビョンホン氏が本当に熱心に自分の中(案)の才能らを発見して,新しいイメージらを着実に蓄積していった,自己啓発が本当に立派なようだがそれがどんな努力の産物か,これです。

“それは接近方式が違うもののようです。 プロフェッショナル モデルがあって,俳優がいます。 二人はちょっと見れば似た職業だと考えられるが私はとても違うと考えます。 モデルらが常時鏡の前で歩み練習をして表情,目つき,視線の角度こういうものらを練習するでしょう。

そのような外的なものをずっと合わせてみるならば心がけも変わることという(のは)のことですよ。 私はなごやで,私は誰よりよく出た,そのような歩みに歩いていきます。

反対です,俳優は。 鏡を見て表情練習するかと尋ねる人々いるでしょう。 それは本当にバカな質問です。 私はその気持ちを持って延期(煙,演技)をしますね。 ここでは私が震えるから若干震えなければならない,若干おじけづいた大きな目をまるく開いていなければならない,こういう考える瞬間オーバー延期(煙,演技)になってしまうんです。 私がそのまま怖くなる気持ちを持てば良くて,そのように信じれば良いです。

それではスクリーンはそれを決してわい曲させないと考えます。 どんな姿が出た真のセクシーで,どんな目つきが出たところ良くて,こういうものらを考える瞬間,私はモデルになってしまいますよ。”

-多くの人々がイ・ビョンホン氏の魅力でセクシーだという点を挙げます。 私の周辺のどんな男は往年のミッキー・ロークを見るようだ,大韓民国で最もセクシーだと話したりもしましたよ。

“オー,女たちがそのように見なければならないけれど。 ハハハハハ。”

-俳優としての資産で自ら何を挙げますか?

“真正性? 俳優としては観客らに最も大きく説得力を与えることができるようでないかと思います。 事実すべてのことがみな虚構だが,その瞬間だけは真正性を持って延期(煙,演技)をした時。”

-その真正性がイ・ビョンホンという俳優中に多いというかけたのですか?

“努力するというんです。 持とうと。”

-すでに持っていることチュンエソヌンニョ?

“目つきらをたくさん話して下さい。 目つきが良いと。 本当に最高の称賛であることのようです。 あえて目(雪)で延期(演技)してそうでもないが。”

-笑う時そろっていた歯を表わす長い唇も資産であるようなのですが。

“ア,唇です。 時々聞く話です。 寝る聞けなくて。 口がゆがんで,それがかなりコンプレックスだったが…. 話す時ごとに口がゆがみます。”

-なろうと上唇の両側唇産(山)が違って,それがセクシーに見えること違いますか?

“いや,それが理由という話なんですか?”(笑い)

-失望されたのですか?

(笑って) “いいえ,いいえ。 幸運ですから。 幼かった時,お父さんとお母さんに本当に冷やかしたくさん受けました。 私が食堂で何か話をしているのにお父さんが過ぎ去りながら,ママをトントン叩きます。 ‘あの子口ゆがんだこと見て。 かなぶんなの?’ハハハハハ。 私はそれがとても指摘をたくさん当てられて,大きいコンプレックスでしたよ。”

-本当に多様なジャンルの映画らをしたが,見て‘ア,実際イ・ビョンホンはああするようで’と感じたのは <誰にでも秘密はある>のせました。 指摘でジェントルと周到綿密な男.

“私は絶対に女にそのようにできないです。 女が好きでこういうものと関係なしで女に大河はそのジェントルある行動あるでしょう。 むしろ <その年夏>この私と性格が似ています。 <明日は愛>畝 <その年夏>中人物が実際の私と最も非常に似ていました。

人々はそれを想像をできません。 ‘ <明日は愛>この私と一番似ています’それで皆‘エイ〜’そうします。 ふざけていたずらをしてそのような性格,それが事実はまさに私です。”

ドラマ <オールイン>ウでペ・ヨンジュンに続き代表的韓流スターになった彼は今年ハリウッドで歩幅を広げた。 'I come with the rain'で香港暗黒街の親分役を担って,組簡単にハートネットと呼吸を合わせたし,スチーブン ソモジ監督の'G. I組'には忍者逆に出演した。

-ハリウッド進出した俳優らが多数あったりしたが事実それほど成功的な結果は出てこないようです。

“いや,それはとても生半可な判断らをすることのようです。 初めての酒に腹がいっぱいである場合がオディッケソヨ.”

-イ・ビョンホン氏はどうですか? ハリウッド進出を決心した時の考えをちょっと聞かせられるならば。

“ウン...,強豪型のように‘オイ,私が英語を今習ってすることもできなくて,英語を習うといっても韓国語で延期(演技)するようにそのようなディテールのようなものらをみな表現することもできないのに,何しにそこ行ってするのか。 いくら私にコールがきても私は嫌いだ,ここで生きる’で考える人もいて,私の場合にはそれがみな過程だと考えます。

もしかしたら'I come with the rain'でも'G. I組'やいくら言語一つ変わったとしてもどのように延期(煙,演技)があのように違うだろう,と残念がることもできます。 率直に話せばブロックバスターに英雄らが出てくる'G. I組'のような映画は私の好みは違います。 だが過程で,後ほど私が本当にしたい映画ができる踏み台になることができることと信じるからしたことでしょう。

どうせ私は見られる職業でしょう。 本当に多くの人々に,いろいろな所に見られれば俳優の私としてはとても良いことじゃないの。 それで挑戦をしたことで,次の機会らが私にまたいつ与えられるかも知れないが一応開始をしてみることにそのように大きい恐れを持つのをやめよう,そのように判断をしたことでしょう。

もちろん私にもとても大きい葛藤があったでしょう。 やはり忍者の役割だな,やはり東洋俳優は武術に出て行くよ,そのまま。 ここでいくら演技派習おうが延期(煙,演技)を結構する俳優と認められようがそのまま足蹴りに刃物戦いしかないな,と考えることもできるが,本当に私が望む目標に近付くためにはしてみることもせず後悔することよりはより良いと思うという気がします。”

-韓流スター,それがどんな面では艦艇であることもあるようです。 日本ファンたちの劣化のような愛を受ける姿を反復的に見てみるならば国内ファンたちがそのスターに対して乖離感を感じながら,その場面を対象化して,戯画的に見ることになるようです。 日本ファン(パン)の前で笑いながら手を振る姿があたかも何の宗教集団教祖のように見えたり。

“コメディーの所在(素材)になったりそうしましょう。”

-両側ファン(パン)を共に合わせて行くのが容易でないでしょう?

“重要なことは自分自身を守れば良いです。 私が本来したとおり. 私ももちろん明るく笑いながら手を振るが,それでも足を揺さぶることはできないでしょう。(笑い)足を上げて怒った表情ですることにはならないから。 手をあげて明るく笑いで答礼をするのはあまりにも当然だったものだが,ただしどのようにするか,それがどれくらい真正性あるように見えるかこういう問題であることのようです。”

-韓流スターらも国内のそのような雰囲気を感知しているんですか?

“そうですね。 韓流スター以前に私も人で,私も雑誌でそのような写真見ながら‘きて,笑わせる’,‘なんだ,これ’. はなはだしくはそうします。 ある瞬間そんなことらが戯画化されながら,私の写真を見ながらも‘オウ,運が悪くて’こういう時があります。(一同爆笑)

どうである時は本当に大変です。 それがああする時似ているが,映画祭行けばカメラらがずっと来ているでしょう。 ‘明るく笑って下さい’. 私にはとりわけさらに要求します。 ‘歯が見えるように!’どうである時はその言葉が笑わせても笑うが,率直に腹が立つ時があります,そういう話が。 そうした時はさっき話したそのような運が悪い写真が出てきます。 無理に笑うから。

多分用心深いという言葉がぴったり合うでしょう。 そちら側の文化がごつんと開放になった時はペ・ヨンジュンも同じで多くの韓流スターらがかなり用心深かったでしょう。 ‘イ,新しい市場なのにこの人ら果たしてある(どんな)人々であろうか,私たちをどのように見るか,私がここでこのように行動するのがどのように受け入れられるか,文化が違うはずなのに’,そのために最大限の礼儀を守ることしかないです,

私たちには。 礼儀を守って悪いことはないから。 事実私はそのような部分をとても重要だと考える人です。 それがややもすると下手すると飾り的に見せることもあります。

ところで今は私がある程度知ることになった心安らかにして,ここでするように,そうします。 この人らも同じ感情を持った人々で,私が内文化を持って私の情緒を,私の言語を持って表現した私のすべての感情らで作った映画とドラマらが好きだった人々であるから,そちら側に行って違うように行動する理由が全くないと考えます。”

-俳優したくない時あるでしょう?

“真実がわい曲される時。 根拠があるうわさもない時では根拠が全くないうわさもあって。 私に対して自分たちどうし話して判断してそれが決定されてしまった時。 私はそのまま見守る人の立場になって…. そこに対してできることは何もない時,‘馬鹿な行動のようだな’そのような気がします。 この立場ということが本当にそうだな…. ますます私生活がなくなるようです。”



[AM7]イ・ビョンホン"悪い奴チャンイ,わかってみれば孤独な奴"
'奴奴奴'で初めての悪役引き受けて

文化日報 2008-07-18    
[記事抜粋]
15日ソウル,三清洞(サムチョンドン)のあるカフェで 녌녍녎煮込んで,会ったイ・ビョンホンは創痍キャラクターを‘寂しくて,孤独な奴’で表現しようとしたと明らかにした。

“創痍の表面に現れる姿だけなく理由があって,良くない背景を鋭く見ました。 ‘現実的に生きたら良く暮らしたのに最高になると如何に多いけんかをして不安感に包まれて生きたのだろうか’という考えました。 常時恐ろしくて,大変で,酒のビンを付けて生きます。 そのような感じらがキャラクターを立替化するのに役に立ったと考えます。 ところで映画自体が息つまるように走って行って,観客らに創痍キャラクターのディテールがよく見られるかは分からないです。”

負けるのを,死ぬことより嫌いな創痍のようにトップスターの彼も首脳(頂上,正常)を奪われることができるという不安感に陥っているのはでないか

“私たちのことは最高額ないようです。 1,2等で分けることができることではなくて創痍のように戦って勝って,負けるのが明確に明らかになるのではないでしょう。 ‘良い俳優’という話を聞くためにずっと努力するんです。 そのように努力するならば自己管理のための不安感は従うでしょう。”

‘奴奴奴’はイ・ビョンホンと共にソン・ガンホ,チョン・ウソンなど最高の俳優らが出演した。 強固だったが負担も大きかったことだ。

“初めてシナリオを受けた時‘私の役割がまともに位置づけすることができるだろうか?’ ‘他の人らがさらに素晴らしいということじゃないの?’という気がしましたよ。 だが実際に撮影を始めるとそれが腹がいっぱいである考えでした。 毎日毎日何のこともなく撮影を終えることができることだけを望まなければならない状況だったんですよ。 三人の俳優の均衡が崩れたりどれ一つができなかったら映画を亡ぼすんです。 木よりは森を先に見ることが大変だったが,あまりにもうまくいきました。”

イ・ビョンホンはメローではやわらかい感受性を見せて,アクションでは強いカリスマを吹きだす多様性を持った俳優だが,彼が延期(演技)するキャラクターには常に‘悲しみ’がにじみ出るという共通点がある。

“いつからそうなったのか分からないだろうね…’と独り言を言ったイ・ビョンホンはイメージを作るために自身に対して探求しはしないといった。

“その間痛みが多かったのは違ったがある瞬間そのようなイメージが人々に植えられたようです。 私がモデルならば鏡見て表情練習をして上手にする部分を極大化させようと努力するだろうが,習うそんなことよりは感情の表現が重要です。 表面に見えるようになる表情で人に感動与えるのではないとのことで考えます。”

カン・ウソク監督の‘鋼鉄中돟公共の敵1-1’が400万観客を突破したことに対して“喜ぶことで,祝うこと”と話した彼は多くの人々が韓国映画の沈滞に対して心配する時,自身は大きく心配しなかったと話した。

“当然我が国俳優として心配だが自らの信頼ありました。 香港映画は色々な悪材料が作用して,沈滞期が長くなっているけれど,我が国の人々は大変な時ウ뼥ウ뼥する指向があるでしょう。 私はソン・ガンホ,キム・ジウン,パク・チャンウクの能力を現場に直接見て,感じたので希望的だと考えます。”


 

 





『IRIS』TBS公式サイト
TBS地上波   水曜 夜 9時 放映中
TBSチャンネル 土曜 夜11時 放映中 

『IRIS』公式サイト
韓国KBS2 放映終了 

『The Influence』公式サイト
配信中


イ・ビョンホン ファンクラブ




『G.I. ジョー』日本公式サイト         『G.I. Joe』米公式サイト

『G.I. ジョー』韓国公式サイト         『G.I. Joe』韓国公式ブログ


『アイ・カム・ウィズ・ザ・レイン』公式サイト






♡ nom's Link ♡
『The good,The bad,The weird』CafeDaum
Cafe Daum THE BAD 画譜集
[THE BAD] Changyi 画譜集
THE GOOD 画譜集
[THE GOOD] Dowon 画譜集
THE WEIRD 画譜集
[THE WEIRD] Taegu 画譜集

プロフィール

sato

Author:sato

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ブログ内検索

最近の記事

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。